ポケモンGO、5日18時からレックウザのレイドアワー開始。黒龍捕獲チャンス (弱点と対策)

博士に送るのは11日まで待ち!

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年08月5日, 午後 05:40 in pokemon
0シェア
FacebookTwitter
Pokemon GO
Pokemon GO

ポケモンGOで8月5日18時から、伝説のポケモン「レックウザ」が多数出現するレイドアワーが始まります。

レックウザは8月1日からの「ドラゴンウィーク」で伝説レイドボスとして出現してきましたが、イベントは8月7日(金)に終了予定。

黒い色違い狙いも含めて、1時間のレイドアワーは一気に稼ぐ良い機会です。今年はリモートレイドが加わったおかげで、有料のパスさえ消費すれば友情ボーナスで倒しやすくなり、捕獲後も白いボールが余計に貰えて捕獲しやすくなります。

レックウザのゲーム内データ・弱点

レックウザは「ドラゴン・ひこう」タイプ。能力は攻撃284・防御170・HP213。

弱点はこおり(二重弱点)、ドラゴン・フェアリー・いわ

耐性はくさ・じめん(二重耐性)、ほのお・みず・かくとう・むし。

レックウザ対策ポケモン

設定上は成層圏を飛んでいるものの、「ドラゴン・ひこう」なので「こおり」が大の苦手。シンプルに「こおり」タイプで強いわざを備えた高攻撃力ポケモンが対策になります。例としては

473 マンムー(こなゆき / ゆきなだれ)
461 マニューラ(こおりのつぶて / ゆきなだれ)
124 ルージュラ(こおりのいぶき / ゆきなだれ)
150 ミュウツー(じんつうりき / れいとうビーム)

など。それぞれのシャドウ版が居て、こおりタイプのわざを覚えさせている場合は、さらに強力なアタッカーになります。

たとえば先日のポケモンGO Fest でGOロケット団の首領サカキを倒してシャドウミュウツーを手に入れた場合、設定的には若干気が引けるもののリトレーンせずそのまま強化することで、防御が下がるかわりに与ダメージ2割増しの超攻撃型ミュウツーとして運用可能です。

ただしスペシャルアタックをシャドウポケモンの規定「やつあたり」から書き換えられるのは、イベント中など特別なタイミングのみ。

このほか最近加わったこおりタイプとしてはキュレムや、ヒヒダルマ(ガラルのすがた)も強力なアタッカーです。

そのほか、お互いに弱点で大ダメージになる短期決戦向きにはドラゴンタイプのレックウザ自身、ボーマンダ、カイリュー、ゼクロム、ガブリアス等も。レックウザがげきりんを使ってきた場合は一瞬で沈む危険があります。耐久性ならばドラゴンが等倍のドラゴン ディアルガ、レジアイス、フェアリーのトゲキッス など。

ポケモンGO:No.384 レックウザ 入手方法と色違い・弱点・対策 (大人のポケモン再入門ガイド)

レックウザのゲットチャレンジはいわゆるターゲット固定法を使えば比較的容易にエクセレントスローが狙えるため、エクセレントやグレートを連続で~系のタスクをついでにクリアするにも向いています。

乱獲したレックウザは、評価が低い個体でもまだ博士に送らず、11日18時からのヤミラミ スポットライトアワーで「博士に送ったときのアメが2倍」まで待ちましょう。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: pokemon, Pokemon Go, niantic, news, gaming
0シェア
FacebookTwitter