Pokemon GO
Pokemon GO

ポケモンGOのイベント「ウルトラアンロック パート2:空間」が始まりました。

空間を司る伝説のポケモン「パルキア」の色違いが初登場するほか、南米限定のヘラクロスなど、通常は日本国内では捕獲できないポケモンが空間を超えて出現します。

Pokemon GO
Pokemon GO

「ウルトラアンロック」は、7月の大型イベント「Pokemon GO Fest 2021」で解禁されたご褒美的なイベント。8月末まで、3パートに分かれてさまざまなポケモンが出現します。

 ポケモンGO「ウルトラアンロック パート2:空間」イベント概要(2021年8月)

日時

  • 8月6日(金)10時~8月17日(火)20時

内容

  • 伝説レイドにパルキア出現。低確率で初登場の色違いパルキア出現

  • 3つ星レイドにガルーラ、ヘラクロス、フーディン。低確率で初登場の色違いガルーラ、ヘラクロス

  • 1つ星レイドにカラナクシ(ひがしのうみ)・カラナクシ(にしのうみ)、リグレー、ニャスパー、アンノーンU。低確率で色違いアンノーンUも

  • 野生でピッピ、ムンナ、クイタラン、アイアント、バスラオ(あかすじのすがた)・バスラオ(あおすじのすがた)、カラナクシ(にしのうみ・ひがしのうみ)

  • 7kmタマゴからクイタラン、アイアント、カラナクシ(ひがしのうみ・にしのうみ)、バスラオ(あかすじのすがた・あおすじのすがた)

  • 限定タイムチャレンジでイベント関連ポケモンがリワード出現

Pokemon GO
Pokemon GO

確保しておきたいのは、通常は日本国内で捕獲できない地域限定ポケモン。チェックリスト的に並べると、

  • ヘラクロス。全国図鑑No.214の「1ぽんヅノポケモン」。南米限定で、これまで日本国内ではイベント等でも出現したことがない希少なポケモン。メガシンカも控える。
    初の全世界出現にあわせピンクの色違いも追加。オスメスでツノの形が違うため、両方の色違いも欲しければパート2の期間内にできるだけ多くの3つ星レイドに挑む必要がある。

  • ガルーラ。オーストラリアやニュージーランド限定。国内でもイベント出現したことはあるものの、今回は色違いが初めて登場。

  • カラナクシ(にしのうみ)。「ウミウシポケモン」。国内で通常出現するのは青い「ひがしのうみ」。

  • バスラオ(あおすじのすがた)。カラナクシ同様に西半球・東半球で分かれるポケモン。国内は「あかすじのすがた」。

  • アイアント。西半球限定。ただし以前は対になるクイタランが西半球、アイアントが日本含む東半球だったため、レアリティは高くない。

このほかレアなポケモンとしては、パート1から引き続き「アンノーン(U)」も出現中。アンノーン(U)自体は過去にもイベントで捕獲できましたが、ウルトラアンロックの期間中は低確率で色違いが出現します。

ウルトラアンロック パート2の期間は8月17日まで。20日からは、ポケモン本編の最新作ソード・シールドから看板ポケモン「ザシアン・ザマゼンタ」が登場する「パート3:剣と盾」が始まります。

ポケモンGOに剣盾のザシアン・ザマゼンタ登場。ヨクバリスほかガラル組がウルトラアンロック3で多数追加

任天堂モンスターボールPlus (Amazon)