Pokemon
Pokemon

ポケモンGOが先日のXP関連バグの代償として、一部のトレーナーに15万XPをサイレント配布しました。

ゲーム内での通知はなく、「ぼうけんノート」にも記録されないため、トレーナーによっては「ログインした途端に何もしていないのに突然レベルアップした」謎現象に見えます。

この「詫びXP」は、先日発生していた「フレンドの仲良し度アップボーナスXPに対して、しあわせタマゴの効果がなかった」バグに対するもの。

このため、15万XPの付与は「4月11日から4月20日までの期間、しあわせタマゴを使用したことがあるユーザー」が対象となっています。

期間中に仲良し度がアップしたフレンドがいるか否か、どのタイミングでしあわせタマゴを使ったかを問わず、4月中旬に一度でも何らかの理由でしあわせタマゴを使用したトレーナーならば対象になるようです。

ポケモンGOのトレーナーレベルアップに必要なXPは、レベルが上がるごとに指数関数的に上昇してゆくため、ある時点で通常のプレイで獲得できるXPは相対的に微々たるものになり、手早く高レベルを狙うなば効率的な稼ぎを考える必要が出てきます。

フレンドとの仲良し度アップボーナスはこの点、30日間一緒にプレイした(ギフト交換などを累計30日分続けた)「親友」ならば5万XP、90日間の「大親友」ならば10万XPが一度に獲得可能。フレンドとタイミングをうまく調整して、しあわせタマゴのXP倍増効果をこのボーナスにあわせれば最大20万XPが一度に稼げることになります。

今回の「詫びXP」は主に、このフレンドと協力が必要なXP稼ぎ方法を実践している熱心なプレーヤー、人より早くトレーナーレベルを上げることに意義を見出すプレイスタイルのプレーヤーが対象です。

とはいえ条件としてはただ期間中にしあわせタマゴを使ったかどうかだけで判定されるため、たまたまゲームを始めたばかりでレベル1から17前後にアップしたり、10から19近くになって驚いたプレーヤーもいるかもしれません。

ポケモンGO、XP大量獲得の「フレンドシップ・デイ」イベント開催。交換距離40kmも

なおXP関連の不具合といえば、4月24日に開催された「フレンドシップデイチャレンジ」で、コレクションを完了したリワードの17万5000XPに対して「しあわせタマゴ」の倍率が効いていないように見えるバグもありました。

こちらはぼうけんノートでは倍になっていない表示上の問題だけで、実際には35万XPを獲得できていたはずです。(たまたま「自分」タブのスクリーンショットを撮っていれば35万増えたことが確認できました)。