Pokemon LEGENDS アルセウス

2月27日の深夜にネット公開された、ポケットモンスターシリーズの新情報番組『Pokémon Presents』。

今回こそ本当に出る“ダイパリメイク”こと『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』と並ぶ、もう一つの目玉……というより隠し球となったのが、Nintendo Switch用ゲーム『Pokémon LEGENDS アルセウス』です。

発売時期は2022年初頭を予定。また、全世界向けが同時発売となる予定のため、相応以上の大作扱いとなることが想定できます。制作はいまや本丸とも呼べる、ゲームフリークが直接担当します(この点からも気概が伺えます)。

参考記事:Nintendo Switchポケモンダイパリメイク2021年冬に世界同時発売

Pokemon LEGENDS アルセウス

同作は、「シリーズの新しい挑戦」「アクションとRPGが融合した(システム)」と謳われる、基本ルールからして従来とは異なる新シリーズ。解説からは、これまでのシリーズよりさらにアクション性を増す方向への変革が伺えます。

Pokemon LEGENDS アルセウス
Pokemon LEGENDS アルセウス

一方で、番組中では短時間ながら開発中のゲーム画面も紹介されましたが、移動画面やバトルの基本的なところはソード・シールド準拠と思われる、いわゆるTPS(三人称視点シューティング)風画面。大きく変更されている感はイマイチ薄い印象も受けました。

むしろバトル画面で出てきたポケモンが、主人公側は『エルレイド』で、野生? は『ガブリアス』と、従来シリーズであれば第一報には出なさそうな種族となっている点のほうにこそ興味を惹かれるところです。

当然ながら大きく変わった箇所はこれから解説していくでしょうから、このあたりは今後の情報を待ちましょう。

Pokemon LEGENDS アルセウス

対して、現状でも大きく変更されたことがわかるのが世界設定です。物語はダイヤモンド・パールと同じシンオウ地方……なのですが、「遠い昔の時代」と紹介されます。またどうやら歴史の変革が異なるようで、街並みなどは日本の江戸時代前後を感じさせる風情に。

劇中で描かれるアートにも上記のような「筆によるイラスト」があり、和風テイストを強く感じさせます(個人的には、カプコンの『ストリートファイターIV』テイストも連想しましたが)。

Pokemon LEGENDS アルセウス
pokemon legends arceus

pokemon legends arceus

そして主人公も、男女ともに、どことなく忍者を思わせる装束に身を包んだスタイルに。これは見かけだけではなく、例えば「モンスターボールを茂みから投げた後には、茂みの中に身を隠して気配を和らげる」など、基本的な動きにも影響しているほどです。

また移動画面でも、前転を繰り出す(しかも、昨今のアクションゲームにおける“緊急回避”的なモーションです)など、アクション性の強さを感じさせるシーンもありました。

pokemon legends arceus

なおモンスターボールに関しては、設定上の違和感が出てくると想定しているポイントらしく、「この時代でもモンスターボール(があります)」という旨の説明がありました。また一瞬で見切れているものの表示された詳細な画像では、ボールのロックが機械式となっている点が伺え、ポケモンを縮小できる技術と比べると露骨に違和感を持つビジュアルとなっています。

こうした“技術世代の謎”などに関しては、本作におけるバックグラウンドでの大きな謎の一つと呼べそう。ゲームフリーク開発作品ということもあり、完成度の高いSFとなるような捻った話なのやもしれません。

Pokemon LEGENDS アルセウス

Pokemon LEGENDS アルセウス

合わせて様変わりを大きく感じさせるのが、いわゆる“御三家的”存在となるであろう、初期に選べるポケモン。なんとくさタイプが『モクロー』で、ほのおタイプが『ヒノアラシ』、みずタイプは『ミジュマル』と、メインシリーズでは地方どころか世代をまたいだ顔ぶれが揃い、「これまでのシリーズとは大きく異なる」ことを暗示します(番組内のチャットなどでも、当然ながら驚きの声が多く上がっていました)。

pokemon legends arceus

そして幻のポケモン枠としては、タイトルにもある『アルセウス』が公開。神話上では「宇宙を創造した」とも語られるポケモンだけに、この世界の違和感に対する何らかの答えを持っているのでは? と予感させるところです。

もちろんそうしたバックグラウンド的な面を抜きにしても、ゲーム中での大きな捕獲目標となることは間違いありません。

pokemon legends arceus

このように『Pokémon LEGENDS アルセウス』は、現在わかっている情報――当然ながら、これは全体からすればごくわずかなはず――だけでも、良い意味で従来シリーズからの違和感を端々に秘めた作品となっています。

ゲームフリークが自ら開発する作品ということもあり、キャッチフレーズの一つである「『ポケットモンスター』シリーズは新時代へ」を受けるような“次の主力シリーズ”となれる、またSwitch人気をさらに押し上げるだけの期待を込められる作品となりそう。期待して続報を、そして発売を待ちたいタイトルが、また1つ増えました。

Source:ポケモン公式YouTubeチャンネル