Engadget

大自然と触れ合いながらポケモンを探すネイチャーアドベンチャー『Pokémon WONDER(ポケモンワンダー)』が7月17日(土)よりオープンします。ロケーションは、遊園地よみうりランドの奥深くの自然エリアです。筆者はプレスツアーで一足先に体験させてもらったのでレポートをお届けします。

取り急ぎ、何よりもまず伝えたいのは・・・・・・、

ポケモンワンダーは、言葉で書いてしまえば「ポケモンを探す」だけなのですが、このわくわく感がとんでもないです。少なくとも筆者には、「こうかはばつぐん」でした。

これまでゲームの中で当たり前にやってきた、草むらをかき分けたり、木を揺らしたり、目を凝らして違和感を探したり、道具を駆使して見つけたり、といったことをリアルで実行できるポケモン探しはアドベンチャーそのもの。「こういうのが体験したかった!」を実現してくれていました。

大人は『ポケットモンスター 赤・緑』で登場した「むしとりしょうねん」のような気持ちに戻れ、子どもは「自然の中を冒険する」体験をポケモンで楽しめます。子どもにとってはきっと忘れられない思い出になるはず!?

それでは現地の様子をお届けします。ネタバレの範囲は公式が出している情報までで留めているのでご安心を。

『ポケモンワンダー』とは?

Engadget

ポケモンワンダーは、ポケモンの痕跡を頼りに森の中を探し回るアドベンチャー体験です。ロケーションは、よみうりランドの奥深くの公開されていなかった自然エリア。

Engadget

広さは4,500㎡で、約20年間手つかずだったというガチの森です。そもそも『ポケットモンスター』は、生みの親である田尻智さんが育った町田市の自然の中での昆虫採集が発想の原点。それに近いものを体験してもらいたい、という思いもあるそうで、本物の自然と触れあえるこの場所が選ばれたそうです。

Engadget

▲クレソ博士。声優は坂本真綾さん

参加者の役割は、クレソ博士の調査隊の一員(ポケモンリサーチャー)。参加者は、「古代の石垣」「ささやきの竹林」のどちらかのコースを選択して(事前に予約して)、ポケモン探しの探索に出かけます。

コースの時間は約90分。コースは3つのエリアに分かれていて、最初のエリアを除いて、各コースは単独グループで調査可能です。参加人数は1グループ最大6名まで。2つのコース合わせて50種類を超えるポケモンがいます。

Engadget

森の中で出会えるポケモンたちは、CGでも、アニメでも、ぬいぐるみでもありません。例えば、タネボーは、北海道どんぐりに木製の足を付けて再現されていました。

次章で詳しくお伝えしますが、大自然の中で自然の素材を使って再現されたポケモンを、現代機器に頼らず、草木をかき分け、頭をひねって、力を合わせてポケモンを探す遊びがポケモンワンダーです。

一部を先行体験!これは思い出になるはず

Engadget

ここからは先行体験した内容をレポートしていきます。

なお、今回は直前まで降り続けた雨のため一部体験ができなかったこと、2つのコースどちらも少しずつ体験したこと、プレスツアーという都合上、ポケモン探索というよりガイドによるポケモンの場所を含めた解説がメインだったことがあり、筆者の体験は実際のものと多少異なることを事前にお伝えします。

とはいえ、というか、むしろ、解説がメインだったにも関わらずポケモンを見つけたときにはテンションは上がりましたし、道中はわくわくがずっと押し寄せてくる感じだったので、実際の体験は筆者以上になること間違いなしです。

Engadget

ポケモンワンダーの舞台はよみうりランド内にある「イナギノモリ」。関東地方(カントー地方)に、「トキワのもり」じゃなく「イナギノモリ」があるってだけでなんかテンションが上がりました。

Engadget
Engadget

森の入口には、『ポケットモンスター ソード・シールド』のまどろみの森のような霧の演出が。別世界に入っていく感じがしていいですね。

Engadget

霧を抜けると最初のエリアである「ワンダーフィールド」に到着します。ここからポケモン探索のはじまりです。

Engadget

参加者は事前に渡される調査ノートに書いてある手がかりを頼りにポケモンを探すことになります。

Engadget

手がかりの内容は例えばこういうもの。筆者もこの手がかりを参考にワンダーフィールド内でポケモン探索ができる予定だったのですが、あいにくの雨で中止に。

ちなみに、各エリアには制限時間が設けられており、ワンダーフィールドは最大15分ほどとのことでした。どんなポケモンがいたのかめちゃくちゃ気になるところですが、次に向かいます。

Engadget

次に向かったのは「コース1 : 古代の石垣」の「こもれびの空き地」。空き地という名前がついていますが、テントが張ってあり、たき火や、キャンプ用具、木箱、パソコンなどがある中継地点のような場所でした。

Engadget

このエリアでは草木をかきわけることで、葉っぱにいるキャタピーや、

Engadget

どんぐりに混じったタネボーなどを見つけられます。どこにタネボーがいるかわかりますか?

Engadget

個人的に気になったのは、たき火と飯ごうセット。カレーが作れそうな勢いだったので、『ポケットモンスター ソード・シールド』みたいに推しポケモンと一緒にカレーを作りたいなぁと思いました。

Engadget

ちなみに、すべてのエリアでスタッフの方が常駐しています。てがかりを教えてくれるかは分かりませんが、自然ゆえの危険などには目を配ってくれているそうです。

Engadget
Engadget

次に向かったのは、「コース1 : 古代の石垣」の古代の石垣エリア。ここでは、ミノムッチ、トランセル、モクローなどのポケモンがいます。

今回はガイドさんにポケモンの場所を教えてもらっての撮影だったので、ポケモン探しに苦労はなかったのですが、正直このエリアは難易度が高そうだと思いました。

Engadget

例えば、こちら。子どもの指の先にどんなポケモンがいるか分かりますか? 初見でこれ分かったら凄いなと思います。

Engadget

正解はミノムッチです。コレを見てやっと上の写真で見つけられるくらいですよね。ミノムッチに関してはある動作をしないと出てこないポケモンなので、実際の見つけ方はちょっと違うのですが、これくらいポケモンは自然に溶け込んでいます。

Engadget

トランセルもこの通り。

Engadget

ちっちゃいので思わず見過ごしちゃいそうです。

Engadget

極めつけはモクロー。写真だと分かりやすいですが、ある角度からじゃないと見つけにくいので、手がかりがあっても探すのは大変だなと思いました。

逆にいうと、「楽勝じゃん!」とはならなそうな難易度、かつ、草木をかき分けたり、木を揺らしたり、道具を駆使したりなど特定の動作が必要なものもあり、探索はバラエティ豊かで飽きないと思います。

あと、ミノムッチはここ最近のポケモン作品には登場していないので(ポケモンGOを除く)、人によっては懐かしく感じ、人によっては知らないこともあり得ます。「このポケモンはこういうポケモンでね・・・・・・・」みたいな話を、家族やグループでできるのも楽しみに方のひとつだと思いました(筆者は道中、一緒にいった取材班とその話で盛り上がりました)。

Engadget

ほかにも、「コース2 : ささやきの竹林」からもいくつか見せてもらいました。

Engadget

例えばこちらの小屋。中は、机があったり、本棚、黒板があったりなど、かなり趣のあるつくりとなっていました。この中にもポケモンがいるそうです。ちなみに、この古めかしい小屋は新たに作った建物ではなく、もともとあった小屋をリフォームしたとのこと。

Engadget

こちらは、ささやきの竹林エリア。残念ながら見るだけになってしまったので、どんなポケモンがいるかまでは分かりませんでしたが、竹林に囲まれた開放感あるスペースとなっており、長居したくなる雰囲気がありました。

Engadget

調査を終了すると、「レポートセンター」に報告に行きます。ここはぜひ直接体験してください。

レポートは以上です。実際はこの記事で触れた場所以外もあり、ポケモンもたくさんいます。また、フィールドには音楽も流れています。竹林エリアには竹を使った音楽が流れていたり、天候によって音楽が変わったり、そのエリアにいるポケモンの鳴き声なんかも聞こえたりするそうです。

Engadget

あと、調査ノートと一緒にデジカメが貸し出されます。これは、プレイ内で見つけたポケモンを報告用のデジカメです。デジカメのデータはSDカードにコピーして販売もしているとのこと(販売場所:リサーチャーロビー 2,200円)。

これは、このデジカメじゃないと撮影ができないということではなく、自分の思い出用にスマホやカメラで撮影もできます。

ただ、撮影禁止エリアがあったり、ポケモンの隠れている場所や調査ノートのヒントなどの投稿は禁止だったり、YouTubeへのアップは事前承諾のない商業目的の撮影や取材はお断りだったりと、禁止事項もあるのでそこら辺はきちんと調べておきましょう。

まとめ

この記事ではポケモンワンダーの現地の様子をお届けしました。ポケモンワンダーは、今まで紹介してきたように自然やエリアに同化したポケモンを見つける体験です。繰り返しになりますが、これまでゲームの中で当たり前にやってきた、草むらをかき分けたり、木を揺らしたり、目を凝らして違和感を探したり、道具を駆使して見つけたり、といったことをリアルで実行できるポケモン探しはアドベンチャーそのもの。

ポケモン好きにはぜひ体験して欲しいなと思います。

Engadget

注意点として、大自然で探し回るので手足に泥がついたり、虫がいたり、めっちゃ汗かいたりします。普段からキャンプなどに行かれる方はキャンプ装備、野外の夏フェスに行かれる方はフェス装備など、装備は万全で行くのが安心です。

Engadget

▲筆者はこんな装備で行きました。ピカチュウの日焼け止めはオス・メスでデザインがちょっと違っていておすすめです。あと推しポケモンを持っていくのもいいと思います

虫除けや日焼け止めなんかも忘れずに。

ここで、子どもがポケモン大好きだけど虫が嫌いだから体験してみたいけど不安だという方に向けて、株式会社 ポケモンの方に聞いたエピソードを紹介します。

「ふだんは家でも外でも虫が出ると嫌がっていたというお子さんが、ポケモンワンダーを体験したときに虫などお構いなしに「ポケモンがあそこにいそう!」と草をかき分けて進んでいました。虫嫌いが直ったわけではなく、虫は苦手なんだけどポケモンを探す行為に夢中になっているので虫が気にならなかったそうです。忘れられない思い出になったのではと思います」

最後に、チケット販売について。ポケモンワンダーは、予約サイト「アソビュー!」からチケットを購入できます。

価格は、大人(中学生以上)通常料金 1名 4900円 、小学生 通常料金 1名 1800円。現在発売されているチケットは完売で、次回予約分は7月下旬頃にポケモン公式ツイッターにて情報発信されるとのこと。

夏休み分(8月31日まで)は完売しているので、少し気が早いですが秋のレジャーにいかがでしょうか。筆者は次回予約分を狙います。

それじゃあ、バイビー!

関連リンク:

ポケモンワンダー

よみうりランド 遊園地(アソビュー!)