ポケモンGOにレシラム・ゼクロム・キュレム登場。27日から伝説レイドボス、毎週レイドアワーも

27日は初日レイドアワー開催

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年05月20日, 午後 05:54 in NIANTIC
0シェア
Pokemon GO

ポケモンGOに、イッシュ地方の伝説のポケモン『レシラム』『ゼクロム』『キュレム』が初登場します。

まずは「はくようポケモン」ことレシラムが、5月27日(水)からの伝説レイドボスとして出現します。

Pokemon GO

レシラム・ゼクロムは、2010年の『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』から登場した伝説のポケモン。ブラックのパッケージは黒地にレシラム、ホワイトは白地にゼクロムを配した看板ポケモンです。

原作ゲームではイッシュ地方の神話に登場し、物語の鍵を握ります。白と黒、陰と陽を象徴するデザインで、元はひとつだった存在が2つに分かれた設定。

分類の「はくようポケモン」「こくいんポケモン」は柏の葉か刻んだ印か漢字に悩みますが、陰陽の象徴として「白陽」「黒陰」かもしれません。

3体のうち、まず最初にポケモンGOに登場するのはレシラム。5月27日の早朝から6月16日まで、伝説レイドボスを務めます。

また出現期間中の毎週水曜日、5月27日・6月3日・6月10日の18時から19時にはレイドアワーも開催。乱獲の機会です。

レシラムの弱点・対策

ゲーム的には、レシラムは「ほのお・ドラゴン」複合タイプ。なので弱点は「ドラゴン・じめん・いわ」。二重弱点なし。

耐性は「ほのお・くさ・むし・はがね・でんき」。「ほのお・くさ」は特に強い二重耐性。

基本的には、弱点を突けて攻撃力が高いポケモン、つまり優れたわざを持ついつものドラゴン勢レックウザ、ボーマンダ、パルキア、カイリュー等が活躍します。耐久性が必要なら、はがね複合でドラゴンが等倍のドラゴンであるディアルガも。

じめん・いわを突くならばドサイドンも活躍します。ほかグラードン、テラキオン、バンギラスも。耐久性に難があり有効打の前に死にがちなラムパルドも、育成していれば高攻撃力で切り込み役として活躍。

レシラム以降のスケジュールは未発表。キュレムは原作ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2で大きな役割を果たし、レシラム・ゼクロムと合体フォルムチェンジしましたが、ポケモンGOでどうなるのかもまだ分かりません。

ポケモンGO リモートレイド解禁、専用パスは初回3枚1コイン。フレンド招待は今後


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: NIANTIC, Pokemon Go, pokemon, news, gaming, gear
0シェア

Sponsored Contents