Image credit:
Save

Always On Display使いこなし。Galaxy Note8の使ったら手放せない機能です

先駆けて有機ELを搭載したGalaxyならではの機能!

Engadget JP Staff, @engadgetjp
2018年4月13日, 午後07:15 in Always On Display
98シェア
14
28
0
56


Always On Displayは有機ELディスプレイを他社に先駆けてスマートフォンに搭載したGalaxyシリーズならではの機能。ドットごとに点灯可能な有機ELディスプレイの特性を利用して、画面ロック時にも時刻、日付け、通知などの各種情報を表示可能です。もちろんバッテリーはある程度消費しますが、その電力消費量は一般的な液晶ディスプレイを表示したままにする場合とは比較になりません。

Always On DisplayはGalaxy Note8ではデフォルトでオフに設定されています。一度使ったら手放せない便利な機能なので、ぜひオンに設定しましょう。設定場所は「設定>ロック画面とセキュリティ>Always On Display」。ここで「Always On Display」のスイッチをオンにすれば、以降画面をオフにすればスーッと浮かび上がるようにAlways On Displayが表示されます。

なおバッテリー残量が非常に少ないときにAlways On Displayを無効にしたい場合もあるでしょう。その際は通知パネルを引き出してください。2ページ目にワンタッチでAlways On Displayをオンオフできるアイコン(スイッチ)が用意されています。


▲設定場所は「設定>ロック画面とセキュリティ>Always On Display」。通知パネルからAlways On Displayは素早くオンオフできます

「設定>ロック画面とセキュリティ>Always On Display」で、スイッチではなく「Always On Display」の文字をタップすると詳細設定が可能です。ここの「表示するコンテンツ」の項目では、「ホームボタン/時計や情報」、「時計や情報」、「ホームボタンのみ」の3種類を選択できます。Always On Displayの見た目をシンプルにしたいのであれば「時計や情報」を選択してもいいでしょう。Always On Displayからホームボタンを消しても、ホームボタンの位置を指で押せばスリープから復帰させられます。

「表示するコンテンツ」では、「ホームボタン/時計や情報」、「時計や情報」、「ホームボタンのみ」の3種類から選択可能。特別な理由がなければホームボタンも表示させたままのほうが使い勝手はよいです

Always On Displayは情報を確認するのに便利な機能ですが、プライベートのときに着信通知などを見たくないという方もいるでしょう。また寝ているときにAlways On Displayが表示されている必要はありません。そこでAlways On Displayには、表示される時間を設定する機能が用意されています。デフォルトでは午前7時から午前0時まで表示されるように設定されていますが、ちょっと早めに午後7時からAlways On Displayを表示させないという設定もできるわけです。


Always On Displayの詳細設定画面の「スケジュールを設定」をタップすると、開始時間と終了時間を設定できます

一昔前の携帯電話にはサブディスプレイが搭載され、各種情報が表示されていましたが、Always On Displayでも同じような感覚で日時、通知などをつねに表示可能で、目を向けるだけで現在のステータスを素早く確認できます。Galaxyシリーズの使い勝手が大幅に向上するAlways On Displayをぜひご利用ください。

98シェア
14
28
0
56