Image credit:
Save

Galaxy Note8のここ便利! スマホのロック解除は生体認証で、各認証方式の特徴と設定方法

セキュリティ対策も万全に

Engadget JP Staff, @engadgetjp
2018年3月14日, 午後03:15 in Biometric
73シェア
9
24
0
40



みなさん、こんにちは。香港在住の携帯電話研究家、山根康宏です。私はGalaxy Note8をメインスマートフォンとして日々活用しています。日々使っているなかで、Galaxy Note8の「ここが便利すぎる!」と思える機能を紹介しましょう。

スマートフォンを日々使っていて一番心配になるのはセキュリティ対策です。仕事やプライベートの個人情報や写真など、スマートフォンの中には多くのデータが保存されています。それを守るためにスマートフォンのロック機能は重要ですが、Galaxy Note8には3つの生体認証を含む様々なセキュリティ機能が搭載されているのです。

Galaxy Note8のセキュリティ機能は、設定画面の「ロック画面とセキュリティ」から設定できます。画面ロックにはスワイプやパターン、PIN認証が利用できるほか、「顔認証」「指紋認証」「虹彩認証」と、3つの生体認証も利用できるのです。今回はこれらを実際に使ってみます。



虹彩認証は赤外線を使って虹彩を読み取るため、最もセキュリティの高い機能です。設定画面で「虹彩認証」を選んでから、画面の指示に従いGalaxy Note8に顔を近づけます。フロントカメラエリアにある赤外線が虹彩を読み取ると、そのデータが登録されます。なお虹彩登録できるのは1つのデータとなります。

虹彩認証の登録が完了すれば、あとはスマートフォンを見つめるだけでロックが解除されます。設定画面にある「画面ON時に虹彩ロック解除」は標準ではOFFになっています。ここをONにすると、Galaxy Note8の画面がONになったときにそのまま画面を見つめると虹彩認証機能が利用できます。OFFの状態では、画面がONになってから画面を一度スワイプして、虹彩認証を行います。



指紋認証は多くのスマートフォンで利用されているセキュリティ機能です。Galaxy Note8の指紋認証センサーは本体の裏側、カメラの右側に配置されています。設定画面で「指紋認証」を選択し、あとは画面の指示に従い指紋をセンサーにタップして登録を行います。

指紋の登録は虹彩とは異なり、複数を登録できます。左右の異なる指先を登録しておけばGalaxy Note8を手にした際に一番タッチしやすい指先でロック解除ができるわけです。

顔認証は最も簡易的にロック解除が可能な機能です。こちらも設定画面で「顔認証」を選択し、Galaxy Note8に顔を向ければ自分の顔が登録されます。頻繁に画面ロックが必要なシーンなどで使うのがよいでしょう。よりしっかりとセキュリティをかけたいときは、虹彩認証か指紋認証を使ったほうがベターです。

なお、これらのロック解除方法は「虹彩認証+指紋認証」、「指紋認証+顔認証」といったように、組み合わせても利用できます。組み合わせることでさらに便利に活用できるはず。

関連キーワード: biometric, galaxy, galaxy note8, security
73シェア
9
24
0
40