Image credit:
Save

Galaxy Note8は塗り絵も楽しい! ハマるスタンプ、緊急事態に頼もしい便利機能など紹介

絵心が無くても塗り絵なら楽しめます

Engadget JP Staff, @engadgetjp
2018年3月29日, 午後05:00 in mobile
78シェア
5
38
0
35

Galaxy Note8にはSペンを活かしたメモアプリやお絵かきアプリはもちろん、Galaxyシリーズの特徴でもあるエッジスクリーンを活用したアプリ、印象を一変できるテーマ機能などさまざまな特徴的なツールや機能が搭載されています。

今回はそんな中から、Sペンを活用できるお絵かきアプリ、カメラでのスタンプ機能を紹介します。


Sペンを使ったお絵かき、絵心がなければ塗り絵でも

Galaxy Note8と言えば、なんといっても専用スタイラスSペンが特徴的。そんなSペンで試してみたいのはやっぱりお絵かきです。

標準のGalaxy Notesでも簡単なお絵かきはできますが、Galaxy Appsから無料でダウンロードできる「ArtCanvas:draw & paint」なら、レイヤーを使った本格的なイラスト作成が可能です。

ただ残念なことに、筆者には絵心がありません。同じようにイラストが苦手な人もいると思いますが、そんな人にもおすすめなのが、Galaxy Note8に標準でインストールされているPENUPです。



画像投稿に特化したSNSのようなサービスで、描いた絵を投稿したり、他の人の投稿を眺めたりすることが可能。また、それ自体でもイラストを描けます。そして絵心がない私のような人にお勧めなのが、塗り絵だけを楽しめるカラーリング機能です。

一時期大人のぬりえが流行りましたが、それをデジタルで再現したようなもの。簡単なイラストから、非常に精緻なものまでお題は様々です。これなら絵心がなくてもGalaxy Note8でのお絵かき気分を味わえます。



塗り絵自体も指定範囲を一括で塗れるバケツ機能や水彩のようにぼかしたり、硬筆で描いたような表現も可能。他の人がどんな風に塗ったのか検索でき、また、完成した絵を投稿もできます。



ちなみにこのPENUP、どうやってイラストを描けばいいのかわからない人のために、スケッチのヒントというコンテンツが用意されています。残念ながら英語のみですが。

ただし、そこはGalaxy Note8。Sペンを使った翻訳機能を駆使すれば読んでいくことはできそうです。

カメラで遊ぶスタンプ機能

スマートフォンの選択基準の一つになっているカメラ性能。最近では写りがいいのはもちろん、スタンプ機能などの遊びの部分も充実してきています。もちろん、Galaxy Note8にもそんな機能は搭載されています。

まずライブスタンプ機能ですが、メガネや猫耳などをカメラで写している人を認識してリアルタイムに重ねるもの。カメラアプリの表にメニューが出ており、おススメの機能のようです。



口を開けると別のエフェクトがかかるものがあったりして、一人で弄っていてもそれなりに楽しめます。標準でも多くのスタンプが利用できますが、Galaxy Appsから追加のスタンプをダウンロードすることも可能です。

また、撮影後に写真を飾るスタンプを追加することも可能。こちらは被写体を自動認識しませんが、「スタンプ」というとこちらをイメージする人のほうが多いかもしれません。もちろん、こっちのスタンプもGalaxy Appsから追加が可能です。

78シェア
5
38
0
35