Image credit:
Save

Galaxy Note8はやっぱり手書きメモ。画面オフメモはOneNoteと連携しPCと共有するのがオススメ

スタイラス字講座とかないものか

PR
2018年4月3日, 午後03:00 in mobile
41シェア
8
33
0



Galaxy Note8でもっとも利用しているのが、Sペンでのメモ機能。筆者はこれを使いたいがためにGalaxy Note8を利用していると言っても過言ではありません。以前は外出時には欠かさずメモ帳を持ち歩いていたのですが、最近はすっかりその習慣もなくなり、出先で急に筆記具が必要になり焦ることも増えました。

そんなNote8のメモ(アプリとしてGalaxy Notes)の中でも一番使っているのが画面オフメモです。これは画面がロック状態(スリープ状態)でもSペンを引き抜けばすぐにメモが書ける機能。メモ書きするときは大抵この機能を使っています。

Sペンを戻すと自動で保存されるのも便利。ただ、一度Sペンを戻し保存させると、次にSペンを抜いたときには新しいメモになるので注意は必要です。

画面オフメモでの追記はできないものの、Galaxy Notesアプリで保存したメモを開けば追記や編集も可能です。画面オフメモは、Galaxy Notesアプリのコレクションにて「画面オフメモ」としてまとまっているので見つけやすいのもポイントです。



ちなみに私のオススメはOneNoteアプリとの組み合わせ。画面オフメモでは本当にメモ的に利用し、記事化したものは削除しています。あとから必要になりそうな画面オフメモについては、画像として書き出してOneNote側に貼り付けています。こうすることで、PCからも参照が可能になります。


▲PDFだとOneNoteに貼ったときにファイルを開かないといけないので、画像で書き出します

もちろん、Galaxy Notesではなく、Sペンを使って直接OneNoteに書き込むこともできます。

OneNoteをGalaxy Note8にインストールすると、他の端末では出てこない「スタイラスでポイント時にインクモードにする」というメニューが出てきます。これを有効にすることで、Sペンが利用可能。初期状態では有効になっているはず。もちろん、Sペンを使わずにキーボード入力も行えます。

また、バッジを表示し、どの画面からもOneNoteを起動できますが、このとき、Galaxy日本語キーボードの手書き入力による自動テキスト変換が可能です。


▲結構雑な字でも認識してくれます

ただ、変換には一呼吸必要になるので、さっと書きたい場合にはOneNoteを直接開いて書き込んでしまったほうが早いです。

Galaxy NotesとOneNote、どちらをメインに使うかは好み次第ですが、筆者は画面オフメモを頻繁に利用するのでGalaxy Notesがメインです。OneNoteをメインにする人は、フローティングアイコンのショートカットにOneNoteを追加しておくと便利かもしれません。

41シェア
8
33
0