Image credit:
Save

欲張りユーザーも大満足なタブレット「HUAWEI MediaPad M5 lite」

家族全員がマルチに使える

PR
2019年2月28日, 午前11:30
114シェア
0
44
0
70


「タブレット」は毎日の生活に溶け込むことができるスマートデバイス。スマートフォンよりもディスプレーが大きいため動画などのコンテンツも観やすく、パソコンよりも機動性があり使い勝手もよいからだ。「HUAWEI MediaPad M5 lite」は、そんな生活必需品ともなったタブレットのなかでも、バランスの良さで好評を得ているモデルだ。

ミドルレンジながらハイエンドに迫るスペックや性能

「HUAWEI MediaPad M5 lite」は約10.1インチ(1920×1200ドット)のディスプレイを搭載したモデル。プロセッサーには「HUAWEI Kirin 659」 オクタコア (4x2.36GHz+4x1.7GHz)を採用している。

「HUAWEI Kirin 659」はラインナップとしてはミドルレンジに位置するが、オクタコアCPUでウェブブラウジングや動画の再生、ビジネス文書の作成といった処理能力には問題なし。さらに最上位モデルはメモリーが4GB、内蔵ストレージが64GBとなっており、こちらのスペックも十分だ。

HUAWEI MediaPad M5 lite
▲約10.1インチディスプレイを搭載した「HUAWEI MediaPad M5 lite」

バッテリーは7500mAhと大容量。1日フル活用しても十分なスタミナだ。また、一般的にはバッテリーの容量が大きいと充電に時間がかかるデメリットもあるが、「HUAWEI MediaPad M5 lite」は急速充電にも対応しており、付属のACアダプターを使えば9V/2Aでの給電が可能。約2.9時間でフル充電となる。

HUAWEI MediaPad M5 lite
▲急速充電に対応しているので、充電時間も短縮

本体前面のガラスは2.5D加工が施されており、背面も高級感のある削り出しのメタルボディで丸みを帯びたラウンドフォルムのエレガントなデザイン。見た目の美しさだけでなく、手にもフィットする機能性も兼ね備えている。

最上位モデルとなる「HUAWEI MediaPad M5 lite Wi-Fi 64GBモデル」は、上記のようにメモリーが4GB、内蔵ストレージが64GBとなるほか、スタイラスの「HUAWEI M-Pen lite」と「オリジナルスマートカバー」が付属。それでいて市場想定価格は3万7880円(税別)と手頃な価格がポイントだ。タブレットは持ち運んで使うためのケースは必須ともいえ、スタイラスもタブレットを使いこなすためには重要な周辺機器。この2点がセットになっているのはかなりおトクと言える。

HUAWEI MediaPad M5 lite
▲付属のスマートカバーを装着

HUAWEI MediaPad M5 lite▲2048段階の筆圧検知に対応している「HUAWEI M-Pen lite」


ビジネスシーンで利用にもピッタリ

タブレットの利用シーンと言えば、真っ先に思いつくのがビジネスシーン。メールなどの文章作成のほか、プレゼン資料の製作など多岐にわたる。「HUAWEI MediaPad M5 lite」は約10.1インチの大型ディスプレイを搭載するため、こういった作業がこなしやすい。

タブレットの場合、ハードウェアのキーボードがないため、タイピングがしにくいという印象もあるが、「HUAWEI MediaPad M5 lite」なら問題なし。ディスプレイサイズだけでなく、解像度も1920×1200ドットと高いので、ソフトウェアキーボードを表示しても、編集中のアプリを表示するスペースが十分確保できるのだ。

さらに付属の「HUAWEI M-Pen lite」もビジネスシーンで威力を発揮する。会議中のメモを手書きで入力したり、チャートやグラフの下描きとしてイラストを描いたりといった作業がスムーズ。「HUAWEI M-Pen lite」は2048段階の筆圧検知に対応しているので、実際の紙にペンで記入しているような感覚で書き込める。

HUAWEI MediaPad M5 lite
▲アイディアを練っているときなどは、ペンでの作業がピッタリ

ちなみに「HUAWEI MediaPad M5 lite」にはLTEでの通信に対応した「HUAWEI MediaPad M5 lite LTEモデル 32GB」(市場想定価格は税別3万7880円)もリリースしている。メモリーは3GB、内蔵ストレージは32GBになるものの、LTEで通信が可能なため、通信環境に縛られずにどこでもインターネットに接続できる。外出中は自社のシステムへインターネットでの接続が必要なケースでは、LTEモデルが便利だ。

映画や読書などにも最適な性能

タブレットが活躍するのはビジネスシーンだけでなく、映画やゲーム、読書などプライベートでも抜群のパートナーになってくれる。たとえば映画などの動画鑑賞の場合、ディスプレイは独自の映像最適化技術 ClariVuで鮮明な映像を映し出してくれる。

HUAWEI MediaPad M5 lite
▲microSDカードにも対応しているので、多くのコンテンツが保存できる

さらに「HUAWEI MediaPad M5 lite」には本体上下それぞれに2つずつ、合計4つのスピーカーを搭載。このスピーカーはHarman Kardonによるチューニングが施されており、歪みが少なく臨場感をしっかりと再現できるほどのハイクオリティーさ。加えて「HUAWEI Histen 5.0」による3Dサラウンドサウンドの効果も期待できるため、高い没入感も期待できる。

HUAWEI MediaPad M5 lite
▲Harman Kardonのチューニングによるスピーカーを4つ搭載

読書の場合、電子書籍アプリは背景が白いため長時間ディスプレイを見ていると目が疲れることもある。「HUAWEI MediaPad M5 lite」には「ブルーライトカットモード」も搭載しており、ブルーライトをカットして表示が可能だ。

HUAWEI MediaPad M5 lite
▲左が「ブルーライトカットモード」オンで、右がオフ

「HUAWEI MediaPad M5 lite」の本体サイズは約243.4(W)×7.7(D)×162.2(H)mmで、重さは約480g。約10インチクラスのタブレットとしてはコンパクトで軽量。とはいえ映画を観たり長時間読書をするのにずっと持っているのは厳しいが、最上位モデルに付属している「オリジナルスマートカバー」は、スタンドにもなるので自立可能。長時間使用するときでも手に持っている必要がないのでラクチンだ。

HUAWEI MediaPad M5 lite
▲本体重量は実測では469g

HUAWEI MediaPad M5 lite
▲「オリジナルスマートカバー」をスタンドにすれば、長時間の動画視聴もラクチン

家族共有タブレットとしても◎

「HUAWEI MediaPad M5 lite」は家族全員で共有して使うデバイスとしてもオススメ。特に子供向けの「キッズモード」を搭載しているのがポイントだ。

キッズモードには標準でお絵描き用の「キッズペイント」や「カメラ」といったアプリを用意している。そして、親がキッズモードで使えるアプリを管理者として選別することもできる。もちろん「HUAWEI M-Pen lite」にも対応しているので、お絵描きにもピッタリ。性能は大人が使うときとまったく同じだ。

HUAWEI MediaPad M5 lite
▲利用アプリの制限ができる「キッズモード」

HUAWEI MediaPad M5 lite
▲キッズペイントも「HUAWEI M-Pen lite」に対応

また「キッズモード」での使用中は、顔の位置を検出して、顔が画面に近かったり、寝転がったりといった使い方をすると、アラートを表示する機能も。本体前面にある指紋センサーを使い、キッズモードで子供の指紋を登録しておけば、子供がロック解除したときには自動でキッズモードになるようにも設定できる。そのほか利用時間制限などもあり、安心して「HUAWEI MediaPad M5 lite」を子供に渡せる。

HUAWEI MediaPad M5 lite
▲ディスプレイに顔が近いと警告が出る

HUAWEI MediaPad M5 lite
▲暗い場所での利用も注意してくれる

HUAWEI MediaPad M5 lite▲Microsoft Officeも使えるので、表計算ソフトで複雑な計算をしたい場合にも対応できる

「HUAWEI MediaPad M5 lite」は「HUAWEI M-Pen lite」と「オリジナルスマートカバー」が付属せず、メモリーは3GB、内蔵ストレージは32GBになる「HUAWEI MediaPad M5 lite Wi-Fiモデル 32GB」もラインアップ。こちらは市場想定価格が2万9880円(税別)と低価格。子供向けをメインに導入を考えているなら、こちらもオススメだ。

ハイエンドに迫るスペックや機能ながら、価格は手頃でコストパフォーマンスは抜群。使い勝手のよいスタイラスやカバーも付属するモデルもあり、自分だけでなく家族全員でフル活用できる「HUAWEI MediaPad M5 lite」。タブレットの導入を考えているユーザーには候補の筆頭としてオススメできるモデルだ。

114シェア
0
44
0
70