Image credit:
Save

コスパに優れる新タブレット HUAWEI MediaPad M5シリーズ、エンタメ&クリエイティブに最適

タブレットなんてどれも同じ… ではないんです!

Engadget JP Staff, @engadgetjp
2018年5月18日, 午後06:00
496シェア
356
59
0
81


使い勝手が良く、コスパも抜群なタブレットとして人気の「HUAWEI MediaPad Mシリーズ」に最新モデルが登場。10.8インチで、同シリーズで初めて専用ペンの「M-Pen」が同梱する「HUAWEI MediaPad M5 Pro」と片手でもラクラク操作可能な8.4インチ「HUAWEI MediaPad M5」の2モデルをラインナップします。

オクタコアCPUでパワフルな処理性能

両モデルとも、CPUはオクタコアのKirin 960を搭載。特にグラフィックス性能を強化しており、負荷の高い3Dゲームなどもラクラクとこなせ、前モデルと比べてよりパワフルな処理が可能です。

OSはAndroid 8.0 で、HUAWEIオリジナルのUIも最新版のEMUI 8.0を採用。メモリーやストレージなどをベストな状態に自動でカスタマイズしてくれるので、長期間にわたって使用していても速度低下などが気にならないようになっています。

またどちらの製品も2.5Dデザインを採用しているのも注目点。これは、ガラスの​​​​​​角や縁のエッジを丸めて曲線を多用したデザイン。見た目の美しさだけでなく、手にもしっかりとフィットする実用性も兼ねています。

プロも納得のタッチペンが同梱「HUAWEI MediaPad M5 Pro」

10.8インチ(2560×1600ドット)のディスプレイを搭載した「HUAWEI MediaPad M5 Pro」は、本体背面のカラーがシャンペンゴールドで、フロントのベゼルはホワイトという配色。

本体サイズは約258.7(W)× 約171.8(H)x 約7.3(D)mmとタブレットとしては狭額縁ということもあり、10.8インチといっても扱いやすいサイズ感です。


▲10.8インチ大画面の「HUAWEI MediaPad M5 Pro」


▲指紋認証センサーは前面右側に装備

メモリーは4GBで内蔵ストレージは64GBと充実。さらにmicroSDカードスロットも付属するので、動画など容量の大きいコンテンツも問題なく保存できます。


▲最大256GBのmicroSDカードを装着できるため、コンテンツを存分に保存可能

サウンドは、前モデルと同じく世界的なオーディオブランドのHarman Kardonによるチューニングが施された4つのスピーカーを搭載。イヤホンを繋がなくても、動画やゲームなどが迫力のサウンドで楽しめます。さらにハイレゾ再生(※)にも対応しているので、ハイレゾ対応のヘッドフォンなどを接続すれば、さらに高品質の音楽再生も可能です。

※ハイレゾ再生には本製品に搭載のHUAWEI音楽プレイヤーのほか、本製品に付属のUSB Type-C to 3.5 mm イヤホンジャックアダプタ、および別売のハイレゾ対応イヤホンが必要です。




▲本体背面上下4か所にスピーカーを配置し、イヤホンなしでパワフルな音が楽しめる


▲イヤホンの接続は付属のアダプターを使用する

バッテリー容量は約7500mAhと大容量で、本体に保存されている動画なら最大約10時間の再生が可能(HUAWEIラボ調べ)。これだけ大容量だと充電時間も長くなるのではと心配になりますが、HUAWEI独自急速充電に対応しており、9V/2Aでの充電ができるので、バッテリーを使い切っても約2.9時間でフル充電可能です。


▲タブレットながら2.9時間でフル充電できる急速充電機能も魅力。付属のアダプターでの充電をチェックしたところ、9V/2Aに近い数値で充電できていた

最大4096段階の感圧で傾きも検知する「HUAWEI M-Pen」が同梱

「HUAWEI MediaPad M5 Pro」の最大の特徴は、なんといっても専用のタッチペン「HUAWEI M-Pen」が同梱していること。最大4096段階という業界トップクラスの筆圧検知機能を装備し、傾きなどもしっかりと反映させることができます。


▲手書きで文字がサラサラと書け、タイピング音もなく静か

このタッチペンは実際どれほど高性能なのか。プロイラストレーターの水谷さるころさんに試してもらいました。


▲「HUAWEI M-Pen」の書き味を試す水谷さるころさん。近著は最新コミック『目指せ! 夫婦ツーオペ育児 ふたりで親になるわけで』



普段は専用のペンタブレットで作画をしている水谷さるころさんですが、それと比べても「HUAWEI M-Pen」の書き味は遜色ないとのこと。また、ディスプレイに手を置いていても、ペン先だけがしっかりと反応するので、紙と同じ感覚で描き込めるのも魅力だそうです。


▲充電はクリップを回転させたType-Cポートから行う

「HUAWEI M-Pen」は、1回の充電で約50日間の使用が可能。さらにグリップ部分にはショートカットとスクリーンショットに対応したボタンをふたつ装備しているので、作画などの作業をスムーズに進めることができます。

タッチペンは作画以外にも便利

デジタルのタッチペンというと、イラストの作画用ツールというイメージが強いですが、それ以外にもいろいろと使い道があります。たとえば手書きメモなど。会議などでメモを取る場合、タイピングよりも手書きのほうが速いケースも多く、さらに耳障りなタイピング音が発生しないという利点も。

そのほかPDFなどの書類にメモや修正を書き加えるのも、キーボードを使うよりは手書きのほうが直感的に作業が進められます。


▲印刷した紙に書き込んでいるような直感的に作業できる

また写真や動画の編集も実はタッチペンを使う方がスムーズに作業できます。写真や動画の編集は細かい部分をタッチするケースが多いのですが、指で操作するとどうしても狙った場所がタッチできずイライラします。その点HUAWEI M-Penなら狙った場所をしっかりとさせるので、操作ミスを減らせるわけです。


▲タッチ操作では作業しにくい本格的な写真の修正も、「HUAWEI M-Pen」ならラクラク


▲ビデオ編集も細かな操作が多いので、指よりペンのほうが作業しやすい

価格は5万4800円(税別)。ここには本体のほか「HUAWEI M-Pen」や専用のカバーも付属しています。本体と専用タッチペン、それにカバーのセットで考えると、コストパフォーマンスの高さが際立ちます。

専用タッチペンとタブレットは、クリエイティブの可能性をさらに広げてくる組み合わせ。「HUAWEI MediaPad M5 Pro」はタブレットをいろいろ活用したいと考えているユーザーにはピッタリです。


▲専用のカバーが付属し、スタンドとしても利用できる


小型なのにパワフルな「HUAWEI MediaPad M5」

一方の「HUAWEI MediaPad M5」はタッチペンにこそ対応していませんが、基本的なスペックは「HUAWEI MediaPad M5 Pro」と同等。ディスプレイサイズが8.4インチということで、片手でもしっかりとホールドできる取り回しの良さが魅力です。

そのため動画の視聴やゲーム、電子書籍での読書といった使い方にピッタリ。Wi-Fiモデルのほか、SIMスロットを装備したLTE対応モデルなら、外出中でもモバイル通信でインターネットに接続して、すぐにコンテンツのダウンロードもダウンロードできます。


▲359PPIと高いピクセル密度で高精細なディスプレイの「HUAWEI MediaPad M5」


▲指紋認証センサーはディスプレイ下部に配置

「HUAWEI MediaPad M5」は「HUAWEI MediaPad M5 Pro」と同様に、画像最適化ツールの「ClariVu」「視力保護モード」を搭載。「ClariVu」は、ダイナミックレンジやコントラストを映像に合わせて自動調整してくれるので、より精細な映像が楽しめます。


▲常に最適な画質に自動調整してくれるので、動画視聴もはかどる

ディスプレイの青みを抑えて、眼の疲れを軽減してくれる「視力保護モード」は、夜だけONにするなど時間帯によって自動で設定を切り替えたり、周囲の明るさをもとに自動調整することも可能。動画の視聴や電子書籍を読む際には、長時間ディスプレイを見続けることになるので、ありがたい機能です。


▲ショートカットアイコンから視力保護モードをオンにできる


▲左が視力保護モードOFF、右がON。ONにすると青みが減り眼への刺激が抑えられる

サウンドはパワフルなステレオスピーカーを搭載。またハイレゾ音源再生にも対応しており、ハイレゾ対応のイヤホンなどを使えば、高音質な音を楽しめます。


▲本体上下にスピーカーを装備

本体サイズは約124.8(W)× 約7.3(D)× 約212.6(H)mmとコンパクトながら、バッテリーは約5100mAhと大容量。こちらも9V/2Aでの急速充電に対応しています。


▲CPUがパワフルなので、ゲームもコマ落ちなどせず楽しめる


▲本体が軽量なので、電子書籍を読み続けても手が疲れない

高精細なディスプレイや高性能なCPUに加え、片手でも楽々扱える小型なサイズが魅力の「HUAWEI MediaPad M5」。機動力が高く、いつでもどこでもコンテンツを楽しみたいユーザーにオススメのモデルです。価格は直販でWi-Fiモデルが3万7800円LTEモデルが4万5800円(いずれも税抜)。本体には専用ケースも付属します。

<eBook図書券が全員もらえるキャンペーン実施中>


「HUAWEI MediaPad M5」もしくは「HUAWEI MediaPad M5 Pro」をご購入された方で、eBookJapanアプリのインストール&起動で、もれなくeBook図書券(1,080円)をプレゼント!

クーポン取得方法の詳細はこちらをご確認ください。
496シェア
356
59
0
81