Image credit:
Save

圧倒的な美しさ。AIで進化したHUAWEI P20のダブルレンズカメラを作例で確かめる

SIMフリーで買える、超スマホ級カメラ搭載プレミアム端末

Engadget JP Staff, @engadgetjp
2018年6月15日, 午前11:00
189シェア
50
70
0
69



ファーウェイの最新SIMフリースマホ、HUAWEI P20がついに国内で発表となりました。

HUAWEI P20はあのLeicaとファーウェイが共同開発したカメラで、スマホ写真の常識を覆してきたPシリーズの最新モデル。

新世代のLeicaダブルレンズカメラに、プロセッサレベルから設計されたAIのアシストが加わり、どんな場面でも手軽に美しい写真が撮れるスマホへとさらなる進化を遂げています。


一目瞭然の作例はこちら。いずれもHUAWEI P20のカメラで撮影したまま、レタッチも調整もしていない撮って出しの画像です(ページにあわせ縮小)。


LeicaダブルレンズカメラとマスターAIの圧倒的な描写力


HUAWEI P20のLeicaダブルレンズカメラは片方がF1.8レンズでカラー(RGB)の約1200万画素、もう片方が明るいF1.6レンズでモノクロの約2000万画素。

わざわざモノクロのセンサーを載せる理由は、RGBのカラーフィルタを通さないことで輝度情報への感度が格段に高く、微妙な陰影やディテールを捉えられるため。



モノクロモードで非常に繊細が撮影できるのはもちろん、HUAWEI P20はカラーセンサーで得た色情報と、モノクロセンサーで得た高解像度の輝度情報を合成することで、通常のカラー写真でも非常に高い描写力を実現しています。

焦点距離はどちらのカメラも同じ。標準+望遠や広角の組み合わせではありませんが、モノクロセンサーの高解像度を活かすことで、デジタルズームであっても2倍程度なら解像感は変わらない効果もあります(解像度は自動的に12M)。



一眼レフのような深いボケ味も、このダブルレンズカメラを利用した機能。被写体と背景・前景といった奥行き情報を推定できるため、ただ背景をボカすだけでなく撮影後にピントの位置を変更したり、ボケの量を調整したり、背景や前景にだけフィルタをかけるなど、従来のカメラでは考えられなかったことが可能になります。(アパーチャモード)



アパーチャ以外のモードは、AIを活用した手ブレ補正が強力な夜間、ポートレート(芸術的ボケ味、10段階のビューティー補正と6種類のライティング)、写真、ビデオ、プロ、その他。

その他には、スロー、パノラマ、モノクロ、ライトペインティング、HDR、コマ抜き、フィルタ、3Dパノラマ、ウォーターマーク、文書スキャン、ダウンロードがあり、標準のカメラアプリだけでさまざまな使い方ができます。アパーチャ、夜間、写真、ビデオ、プロでは、発色に標準/鮮明な色/ソフトな色が選択可能です。





インカメラは、自撮り用としては最高クラスの約2400万画素、F2.0レンズ。暗い場所での撮影にも強く、よくある残念なインカメラとは別次元の感覚です。


最新世代 Leicaダブルレンズカメラ最大の特徴であるMASTER AIとは、カメラや各種のセンサで得た情報から撮影環境や被写体を認識して、最適な撮影方法を19種類から選んでくれる機能。

認識できるのは、猫、グループ写真、クローズアップ、夜景、文字、草木、ポートレート、犬、花火、青空、花、舞台/ライブ、ドキュメント、日の出/日の入り、雪、滝、フード、ビーチ、自然な色彩。



撮ろうとしているものに応じて、最適なシャッタースピードや露出などを自動で決定してくれるため、シャッターを押せば高い確率で撮りたかった写真が撮影できます。

従来のカメラにもいわゆるシーンモード設定はありましたが、Master AI はHUAWEI P20が端末内のAIプロセッサで瞬時に認識して自動設定してくれるため、ユーザー側でシーンを選ぶ必要すらありません。

AIのアシストはシーン認識とカメラ設定の自動化だけでなく、

・水平線を認識してガイドを表示 (傾いた写真が減る)
・グループ集合写真で複数の顔を認識して最適な構図を提案
・被写体の動きを先読みして、高速に追従する4D予測フォーカス(動く被写体も鮮明に)
・インカメラの自撮りでは、顔の3Dモデリングをもとに照明効果を適用する3Dポートレートライティング(どこでもスタジオ撮影のような効果)
・手持ちではブレブレになる夜間の長時間露光でも、強力なAI手振れ補正で簡単に明るく夜景を撮影

など至れり尽くせり。最先端の技術で実現した高性能カメラでありながら、「使いこなす」ことを意識せず、いきなり高水準の写真が撮影できます。



一方でカメラに慣れたユーザーは、プロモードでISO:50〜3200、シャッタースピード:1/4000〜30秒、露出補正:±4、AF:AF-S/AF-C/MF、WB:各光源と2800〜7000K固定といったマニュアル設定が可能。RAW保存(DNG形式)にも対応しており、欲しい仕上がりに応じて現像する本格的な使い方にも応えます。



写真(オート)、モノクロ、アパーチャで撮った作例はこちら。操作感としては、起動や書込みの早さ、4方式ハイブリッドAFの精度・速度など、全くストレス無く快適に撮影できました。

カメラとしてもスマホとしても考えられた洗練のデザイン



HUAWEI P20の基本仕様は、約5.8インチ 2244x1080の縦長液晶ディスプレイ、サイズ約149.1 x 約70.8 x 約7.65mm、重さ約165g。

背面のHUAWEIロゴや、レンズ近くのLeicaロゴが横向きに印字されていることからも、カメラのように横長に持った操作を意識していることがわかります。



最新スマホのトレンドを押さえて画面は縦長(18.7対9)。ベゼルが狭く表示面積が広い「フルビューディスプレイ」を採用します。

上辺ぎりぎりまで画面を覆うため、インカメラやセンサー部分にでっぱり(ノッチ)があるのも流行のスタイルですが、HUAWEI P20はノッチの幅がかなり小さいことも特徴です。

独自プロセッサKirinのパフォーマンス




このように圧倒的なカメラと、カメラとしての使い方を意識したデザインのHUAWEI P20ですが、カメラだけが売りでは決してありません。むしろ各所に最新プレミアム端末としてのテクノロジーが込められています。

たとえばスマホの頭脳にあたるSoCには、ファーウェイ独自のHUAWEI Kirin 970を採用。8コアCPU、12コアGPUに加え、AI専用プロセッサ(NPU)をチップセット段階から組み込んで効率的に処理することで、カメラ撮影時のAIアシストだけでなく、システム全体の反応性や動作の滑らかさも実現します。

高速といえば、画面下部に搭載する細長い指紋認証センサも特筆すべき快適さ。一瞬の引っ掛かりも感じさせず、触った瞬間にロックを解除します。指紋認証に加えて、 画面を見つめるだけで画面ロックが解除できる顔認証との併用も可能です。

音へのこだわり

カメラ、ディスプレイ、快適性能に加え、音へのこだわりもHUAWEI P20の特徴。映画コンテンツなどが採用する最新のオブジェクトベースオーディオフォーマット Dolby Atmos の立体音響にも、ハイレゾ音源の再生にも対応しています。

本体に付属するのは、USB Type-C接続のハイレゾ対応イヤホン。USB-C to 3.5mmヘッドホンジャックアダプタも標準で同梱し、お気に入りの有線ヘッドホンが使えます。

さらにBluetooth無線でも、aptX / aptX HD、LDAC、HWAといった高音質規格に対応。HWA (Hi-res Wireless Audio)はBluetooth経由のハイレゾ再生を可能にするオープン規格で、各社から対応オーディオ機器が登場しつつあります。

さらに進化したダブルレンズカメラと洗練の本体仕様。ハイエンドSIMフリースマホの大本命



最近はダブルレンズカメラを採用するスマートフォンも増えてきましたが、カラー+モノクロ構成で世間を驚かせたファーウェイの最新モデルはやはり別格。早くからダブルレンズカメラの活用に取り組んできたメーカーだからこそ可能になる洗練と、ボケ効果だけではない応用、何より純粋にカメラとして見た際の描写力は追随を許しません。漠然とした「画質が良い」レベルではなく、暗所撮影などでは他社のハイエンドスマホと歴然と差が出てきます。

また単なる掛け声になりがちなAIも、高性能カメラの実力を簡単に引き出せる画像解析アシストなど様々なかたちで、目に見えて効果を実感できます。

カメラ以外の仕様にも隙がなく、デュアルSIM対応のSIMフリースマートフォンとして、真っ先に候補に上がるべき完成度の高いスマートフォンです。

発売情報

HUAWEI P20は6月15日より販売中です。市場想定価格は6万9800円(税込)。

さらにリーズナブルなHUAWEI P20 liteも

Other

HUAWEI P20 liteはミッドレンジ仕様ながら、約5.84インチのフルビューディスプレイや指紋認証、顔認証など機能は充実。

HUAWEIスマホの大きな魅力であるカメラもしっかり約1600万画素+約200万画素のデュアルレンズカメラを採用しており、ボケ味のある写真を楽しめます。

HUAWEI P20 lite は市場想定価格3万1980円(税別)。6月15日より販売中です。

189シェア
50
70
0
69