Image credit:
Save

AIがあなたの「可能性」を分析して数値化。J.Scoreの「AIスコア」を試してみた

スコア算出までたった2分、個人を特定する情報の入力不要という手軽さと安心感が魅力

Engadget JP Staff, @engadgetjp
2018年5月30日, 午前11:00 in Ai
260シェア
59
91
0
110


AI(人工知能)の進化が止まりません。

自動運転やアシスタントロボット、機械翻訳、画像解析、音声認識など、AI関連のニュースは連日メディアを賑わしています。また、小説の執筆や絵画の制作、音楽制作や映像編集など、これまで人間の専売特許だと思われていた創作分野にも進出中。もちろん、まだまだAIも万能ではありませんが、子どもの頃に夢見た「未来」を具現化するサービスや製品が続々と登場しています。ワクワクしますね。

みずほ銀行とソフトバンクが設立したFinTech(ファイナンスとテクノロジーを組み合わせた言葉)のスタートアップ企業「J.Score」が提供する「AIスコア」も、そんなサービスの1つです。ユーザーが入力したさまざまなデータを、ビッグデータやAIといったテクノロジーを駆使して分析。ユーザーが持つ「可能性」を加味して「AIスコア」という数値で表してくれるのです。


(動画の内容は2018年6月21日時点の情報です)

この「AIスコア」の算出に必要なのは、生年月や性別、最終学歴、年収、未婚or既婚といった情報の入力だけ。本名や住所や生年月日などの個人を特定する情報の入力は必要なく、ニックネームでOKなんです。そして、データの入力と算出にかかる時間はたったの2分。スマホ で利用できて、スピーディーに自分のAIスコアを知ることができてしまうのです。

さっそく、筆者もチャレンジしてみましたよ。といっても、難しいことはまったくありません。ブラウザーで公式サイトにアクセスし、チャット形式で設問に答えていくだけ。ほんの2分ほどのうちに、AIスコアが算出されました。誇張は一切なし、本当にかかった時間はこれだけなんです。

  

筆者のAIスコアは「813」でした。「ほほう、これが自分の可能性か」とちょっと不思議な気分です。自分の「可能性」なんていう曖昧なモノが、こうして具体的な数値になるのがこのサービスの面白さだと思います。形になって初めて気づくコトって、けっこうありますからね。
 

さて、このAIスコアを活用したサービスが「AIスコア・レンディング」です。これは、AIを活用した個人向け融資サービス。日本初のサービスとのことで、算出されたAIスコアを基に、借入利率(年利)と契約極度額(借り入れできる最大金額)が決まる仕組みになっています。

人間が融資の審査を行なう従来のやり方では、現時点での年収や勤続年数など「現在の状況」が重視される傾向にありました。でも、AIスコア・レンディングでは、それに加えて、ユーザーの「将来の可能性」も加味されています。これは、たとえば語学留学や資格取得のためのスクール入学など、自己実現や自己投資の資金を得たいと考えている人にとっては、有利に働く点でしょう。また、人間の審査では予断や偏見が入ってしまう余地もあるため、多様なデータだけを元にして公正な判断を下せるAIの長所を活用したサービスだとも言えますね。

そして、AIスコア・レンディングの背景には、みずほ銀行の個人融資審査業務やソフトバンクの割賦販売における与信モデル構築の経験が活かされているとのこと。また、サービスの開発に携わっているのは、AIやデータ分析技術においてトップレベルのメンバーたちだそうです。
 

AIスコアの話題に戻りましょう。

このサービスのユニークな特徴は、AIスコアを一度算出しただけでは終わらないことです。ユーザーが最初に入力したプロフィールだけでなく、ライフスタイルや性格などについての情報を追加していくたびに、AIスコアが変化するのです。つまり、より精緻な分析が行なわれることで、AIスコアがアップしていく可能性があるわけです。
  

情報の追加は、「スコアアップ」というメニューから行ないます。用意された設問の中には、たとえば、所有するゲーム機や1日のテレビ視聴時間など、「えっ、一体これで何がわかるの?」というようなものも含まれています。なかなか興味深いところですが、AIにとってはちゃんと意味がある設問なんでしょうね。

さらに、AIスコア・レンディングについては、みずほ銀行の口座情報や、通信キャリアのソフトバンク契約情報の連携に同意することで借入利率がそれぞれ0.1%下がる仕組みも用意されています。このあたりは、スタートアップ企業とはいっても、みずほ銀行とソフトバンクという大企業が株主であるJ.Scoreならではのアドバンテージだと言えるでしょう。
  

AIスコアの最大の魅力は、AIスコア算出までの所要時間が短く、とにかくお手軽な点です。たった2分ほどですので、通勤時間やランチで注文した料理が出てくるまでの時間といった、ちょっとした空き時間でもできてしまいます。また、個人を特定する情報を入力することなく利用できる安心感もポイント。お試しで利用しただけなのにセールスの電話がかかってきてうんざり......ということもありません。

今後は、AIスコア・レンディング以外にも、AIスコアを活用したさまざまなサービスがリリースされる予定とのことです。時間も手間も必要のないサービスですし、一度試してみてはいかがでしょうか。
関連キーワード: ai, jscore
260シェア
59
91
0
110