Image credit:
Save

【ペイ散歩 in 大阪】PayPay縛りのキャッシュレス大阪旅行が楽しすぎた

PayPayの強みはコンビニや大型チェーンだけじゃない

PR
2019年3月1日, 午前11:00 in paypay
125シェア
0
125
0
0


Engadget編集部から「PayPayが使えるお店を利用して、大阪旅行をしてみない?」という夢のようなお仕事が舞い込んできました。「大阪滞在中の支払いはPayPayだけ」という縛りはあるものの、それ以外は自由に過ごしていいらしい......もちろん、二つ返事で即答した次第です。

PayPayアプリはこちら
App Store からダウンロード Google Play で手に入れよう

\PayPay新規導入なら今がチャンス/
3/31までの新規加盟店申し込みで15,000円プレゼント!
お申し込みはこちら!

というわけで1泊2日の大阪旅行。PayPayだけで楽しむことになりました。

PayPay対応店というと大手量販店やコンビニ、居酒屋かなあ? という印象だったのですが、PayPayアプリを開いて大阪周辺の地図を見ると、対応店がメチャクチあるじゃないですか!

粉モノな大阪グルメはもちろん、飲食店ではないお店も次々とヒットします。いやもう、対応店が多すぎて絞り切れない!

paypay
▲写真左のPayPayアプリだとヒットしすぎで嬉しい悲鳴。そんなときは​「Yahoo! ロコ」(写真右)でPayPay利用可のお店だけを検索できます。PayPayアプリと併用がおススメ。

PayPayアプリによる対応店の検索は、場所や大まかなジャンルくらいの検索であればパパっとできちゃいます。でもこのままではお店選びが大変。そこで「Yahoo! 地図」と飲食店やお出かけ情報サイト「Yahoo! ロコ」を併用してお店を探してみました。

では、一泊二日で訪れたなんば周辺のお店や場所を見ていきましょう。
大阪旅行を楽しむなら、まずはグルメから!

●たこ焼 壱番 道頓堀店

PayPay-Osaka

粉モノは絶対に食べなきゃ始まらないですよね。

PayPayが使える粉モノ屋は多いのですが、大阪っぽさを感じるこのお店に決めてみました。

お店の場所は道頓堀・戎橋にあるグリコの看板の真下という、これ以上ない「ザ・大阪」なロケーションがたまらない! 店内でも食べられますが、グリコ看板を仰ぎ見つつ、道頓堀のたもとでゆったり座れるテラス席が断然おススメ。大き目サイズの塩ダレたこ焼きがメチャウマです!

PayPay-Osaka PayPay-Osaka
▲グリコ看板の真下、戎橋の横で食べる塩ダレたこ焼き!

●小動物カフェ ロックスター

PayPay-Osaka

お次はぐっと趣向を変えて動物と触れ合えるカフェです。

ウサギ、ネズミ、フェレットなどなど、カワイイ小動物を実際に触れて愛でられるということで、同行したキッズから「絶対行きたい!」と声が上がったのが、こちらの小動物カフェ。

このお店では30種類近くの小動物をテーブル上にて可愛がれる。カフェの動物たちは小さい頃から人の手で育てられて慣れているので噛んだりしないし、むしろ動物のほうから積極的に遊びにきてくれる。

動物の愛くるしい姿もたまらないが、どの子も毛並みの手触りがヤバい! フワッフワの綿菓子のような、撫でてるだけで幸せになれる極上の感触です!

動物へのエサやりも可能で、オリジナルドリンク(人間用)もあり。至福のひと時でした。

PayPay-Osaka PayPay-OsakaPayPay-Osaka PayPay-Osaka
▲遊びたい動物を選び、スタッフに連れてきてもらうシステム。チンチラやモモンガといったレア動物もいました。

PayPay-Osaka PayPay-Osaka
▲ウサギ類は見た目以上にフワフワ、モコモコ感あり。大好きなウサギに触れてテンアゲ!

●cafe 黒岩伽哩

PayPay-Osaka

日本橋周辺のビルの2階にある、隠れ家カフェ的な佇まいのお店。

コクのある黒カレーと、辛みと酸味が効いた赤カレーが選べます。

両方とも食べたいので合い掛けカレーと、辛みがより強いキーマカレーも注文。店主は楽団を主催するほどの音楽好きで、店内BGMにクラシックが流れていました。おしゃれで居心地のいい空間で食べるカレーは、賑やかな日本橋の喧騒を忘れられるひととき。

PayPay-Osaka PayPay-Osaka
▲溶けそうなほど柔らかい角煮と骨付きチキンの具材がグッドです!


●ヤザワ渡船

PayPay-Osaka PayPay-Osaka

PayPayに対応してる「釣り船」が大阪港にありました!

釣具店と乗合船を兼ねてるお店なので、船のチケットもタックル類もすべてPayPayで支払い可能です。

船は早朝、もしくは夜出発なので、取材スケジュールの都合上、実際に釣ることは叶わなかったものの、ちょうど釣りから船が戻ってきたタイミングだったので港まで行ってみました。

お客さんに釣果を見せてもらうと、タチウオがクーラーボックスいっぱいに詰まっていた! ピッカピカでキレイですね。でもこの釣果はグループで釣った総量なので今日は不調だったそう。調子がいいときは一人あたりの釣果でこれくらいになるそうです。

釣り竿やライフジャケットなど、釣りに必要なアイテムはすべてレンタル可能なので、手ぶらで訪れてもオッケー。次に大阪取材にくるときは、釣りしたいなあ!

PayPay-Osaka PayPay-Osaka
▲釣ったタチウオを見せていただいたグループ客。調子がよければもっと釣れるそうです。

コンビニもさらに便利に!

軽い飲食物はコンビニで。PayPay対応してますしね。

ついでにファミリーマートのファミポートもチェック......お、大阪の観光名所のチケットが売ってるじゃないですか! さくっと「吉本 なんばグランド花月」と「ハルカス300」のチケットを購入。
ファミポート発券のチケットもPayPayで支払えました!

PayPay-Osaka
▲なんばグランド花月でお笑いライブ!

●イカ焼き パボ

PayPay-Osaka

夜の千日前で訪れた、雰囲気のあるイカ焼き屋さん。ハングルや中国語で書かれた看板や提灯が掲げられているのは、国際色豊かなこの地域ならでは。

大きなお店じゃなくても、おっちゃんが一人で切り盛りしてる街中の粉モノ屋さんもPayPay対応しているんです。イカ焼き、ぶた焼き、焼きそばをペロリ。イカ焼きとぶた焼きは薄めの生地なので重たくなく、いくらでも食べれそう。しかも1枚250円と安い!
PayPay-Osaka
▲イカ焼き、ぶた焼き、焼きそば。見た目よりアッサリと食べられる。

●海鮮居酒屋 魚一(うおかず)

PayPay-Osaka

黒門市場で海鮮モノも食べたーい!
店先に並べられた食材がおいしそうな居酒屋さんに突撃し、クジラのさえずり、マグロ丼、いくらサーモン丼を注文。いやー、旨いっす!

店員さんのノリもよく、「うちはPayPay始めたのメチャ早いよ! この辺だと一番じゃないかな?」とのこと。ほかにもPayPayが使える卸の魚屋さんについても話していただきました。

PayPay-Osaka PayPay-Osaka
▲店頭で網焼きしてくれる海鮮も心惹かれたが、ここは丼ぶりで!


いろんなお店でPayPayについて聞いてみると、導入のキッカケは「PayPayの営業さんがお店にきて説明してくれたから」が大多数でした。お店側としては「PayPayだと手数料が(今のところ)かからない」、「使い方やシステムの説明が他の決済サービスよりもしっかりしていて安心できた」、「QRコードのプレートだけ持っていけば、イベント出店等でも利用できる」といったメリットを挙げていました。

これらのことって料金やサービスに直結しているので、お店側だけじゃなく、PayPayを利用する私達にとってもいいことですよね。すばらしい。

グルメの後は、ホテルにチェックインしましょう。

●ホテル ザ フラッグ心斎橋

PayPay-Osaka

2018年にオープンしたばかりの心斎橋にあるホテルです。

ビジネスホテルのつもりで予約してたので、実際に訪れたらメチャクチャおしゃれでビックリ!

ホテルというより、高級マンションの一室みたいな感じです。広くて居心地がいい静かな部屋の窓からは、賑やかで活気あふれるミナミの街並みが見下ろせる......そんなギャップも楽しめます。宿泊者に参加自由の茶道教室や、日本文化の本が揃うライブラリー、外国語堪能なスタッフが多く、 外国人旅行客からも非常に人気があるそう。

PayPay-Osaka PayPay-OsakaPayPay-Osaka PayPay-Osaka
▲デラックスツインルームは広いだけでなく、アメニティや調度品も充実。ダイソン製ドライヤーや内線兼用の無料貸し出しスマホ、ミッドセンチュリーのデザイナーズ家具が設置されます。


●相互商会

PayPay-Osaka

二日目、なにかお土産が買えるかなと思い、調理道具を扱うお店が集まる千日前道具屋筋に来てみました。もちろ道具屋もPayPayに対応しています。そこで見かけたのは、5,60代の女性が当たり前のようにQRコード決済でお買い物をしている場面でした。店主に聞くと「キャッシュレス決済はもう全然フツーだよ(笑)」だという。さすが商人の街、大阪。便利なサービスはお客さんもガンガン使いこなしてる感じです。

PayPay-Osaka PayPay-Osaka
▲ちょっと変わったお土産選びは道具屋筋が楽しいです。

●e-sports cafe MK

PayPay-Osaka

最後に立ち寄ったのがこちらのお店。やっぱり、大阪にいてもゲームしたいじゃないですか!

海外のプロゲーマーも遊びにくる、心斎橋にあるe-sportsカフェです。

GTX1080とAMD Ryzenで組まれたゲーミングPCがずらり。e-sportsカフェではありますが、お店のラウンジではボードゲームなどのアナログモノも楽しめます。

PayPay-Osaka PayPay-Osaka
▲お店のスタッフも参加してくれますので、一人で遊びに行ってもすぐスクワッドが組めます。


1泊2日という小旅行でしたが、大阪はPayPay対応のお店がかなり多く、「PayPay縛り」なんてルールがあっても何ひとつ不自由なく旅行が楽しめました。最初は正直、大型量販店やメジャーなチェーン店ばかりになるんじゃないかという不安もあったのですが、実際はたくさんの小さめなお店がPayPayに対応してるんですよね。

現状、国内で利用できる決済サービスは10種類近くありますが「他のペイ」縛りだったらもっと不自由な旅になってたかもしれません。それくらいPayPayが普及してたことに驚きました。今だとどうしても100億キャンペーンばかりに注目が集まりますが「利用できるお店が多い」というは、かなりの強みだなと感じました!

みなさんもPayPayにチャージして、大阪旅行を楽しんでみませんか? 全然余裕で楽しめますよー!

\PayPay新規導入なら今がチャンス/
3/31までの新規加盟店申し込みで15,000円プレゼント!
お申し込みはこちら!

PayPay-Osaka
関連キーワード: osaka, payment, paypay, qr code, qrcode
125シェア
0
125
0
0