Engadget

Prinker Korea(プリンカーコリア)は3月18日、ハンディープリンター「Prinker S」の日本販売を開始しました。価格は「Prinker S」本体 + ブラックインクセットが3万9990円(税込)、「Prinker S」本体+ ブラック&カラーインクセットが5万5990円(税込)です。Amazonでは日本発売記念として、4月30日まで本体セットを15%OFFで購入可能です。

Prinker S(Amazon)

Engadget

「Prinker S」はテンポラリー・タトゥーを気軽に楽しめるコスメアイテムです。利用方法は専用アプリでプリントしたいデザインを選択し、印刷する肌の面に化粧下地となるスキンプライマー塗布。

スマホやタブレットからPrinker Sにデザインを転送し、本体に肌に密着させてディスプレイに表示されるプリント方向に滑らせるとプリント完了です。

インクは、耐水・耐摩擦性があり、プリントしてから1日〜3日程度は消えません。水と石鹸で簡単に洗い落せるので、「プリントしたもののTPO的にタトゥーを消さなければならない」といった事態にも対処できます。

インクカートリッジは、ブラックインクとカラーインクの2種類。最大プリントサイズ100×2.2 cmでそれぞれ約1000回のプリントが可能です。インクの材料には、アメリカ食品医薬品局FDAやEUの化粧品情報管理システムCPNPが認定する化粧品用のものを採用。

Engadget

専用アプリでは5600以上のデザインを用意しています。ユーザーが作成したオリジナルデザインもプリント可能で、作品をコンテンツ・プラットフォームにてシェアもでき2月末時点で約35,000ものデザインがアップロードされています。QRコードなどもプリント可能なので、イベントなどでも活用されているそうです。

Prinker S(Amazon)

Engadget

Prinker S 仕様

動作環境:Prinkerアプリ(iOS/Android対応)インストールしたスマートフォンまたはタブレット

プリント技術:インクジェット

プリント速度:3インチ(約7.6 cm) / 秒

最大プリントサイズ:長さ100 ×高さ2.2cm

プリント解像度:1,000 dpi

インク原料:化粧品由来(米FDAとEUのCPNPに準拠)

インク耐水性・耐摩擦:1日〜3日

カートリッジ容量:約1,000 回分のプリント

重量:331g

バッテリー駆動時間:4〜5 時間

通信:Bluetooth 2.1 + EDR, Bluetooth 5.0

価格:

Prinker S (+ ブラックインク):3万9990円(税込)

Prinker S (+ ブラック&カラーインク):5万5990円(税込)

ブラックインクカートリッジ:1万4990円(税込)

カラーインクカートリッジ:2万2990円(税込)