PlayStation Plus

ソニーが12月のPlayStation Plus フリープレイ お品書きを発表しました。

キムタクが如くこと『JUDGE EYES:死神の遺言』をはじめ、TT Gamesのレゴゲーム『レゴ DC スーパーヴィランズ』、PS5のコンソール時限独占ローンチタイトルだった『Godfall』、インディーズのミステリーパズル『The Sexy Brutale(セクシー・ブルテイル)』と、バランスの取れたラインナップです。

PS Plus 12か月利用権オンラインコード

  • JUDGE EYES:死神の遺言 新価格版 

  • レゴ DC スーパーヴィランズ

  • Godfall: Challenger Edition

  • The Sexy Brutale(セクシー・ブルテイル)

提供期間はいずれも12月7日~1月3日。実際にダウンロードして遊ぶ暇がなくても、気になったらとりあえずライブラリに追加しておけば、提供期間が過ぎても PS Plusに加入しているかぎり遊べます。スマホの PS App やウェブでライブラリに追加もできるため、PSを起動する必要すらありません。

PlayStation Plus

PS4『JUDGE EYES:死神の遺言 新価格版』は、龍が如くシリーズでおなじみ神室町を舞台に木村拓哉演じる元弁護士の私立探偵「八神隆之」が活躍する「リーガル・サスペンス」。

「新価格版」は、2018年に発売されたオリジナルから、諸般の事情によりピエール瀧さん演じるキャラクターを田中美央さんに差し替えたバージョン。

なお『JUDGE EYES:死神の遺言』は60fps表示や英語音声などに対応したPS5リマスター版も税込1980円で販売中。フリープレイ対象のPS4『新価格版』は別のソフト なので、PS5で遊んでもリマスター版にアップグレードはできません。

「JUDGE EYES」PS5用リマスター版を4月23日に発売、1980円

キムタクにいつでも会える!木村拓哉主演のPS4ゲーム「JUDGE EYES:死神の遺言」ジャニヲタがどハマり

PlayStation Plus

レゴ DC スーパーヴィランズは、「レゴ=低年齢向け」と侮ったら大間違いのTT Games製のレゴゲーム。スーパーヒーローのジャスティス・リーグが消えた世界で、悪役スーパーヴィランが活躍します。ほとんど知られていないようなマニアックなDCヴィランも登場。

PlayStation Plus

Godfall は当初PS5とPCで、後にPS4版も出たPS5ローンチタイトル。

ゲームとしてはいわゆるハクスラに近く、『~ソウル』シリーズを軽くしたような戦闘がメインです。

フリープレイに加わるのは、新しい『Challenger Edition』。こちらは最初からアンロックされた全クラスを最大レベルで始めることができ、本来はクリア後コンテンツの3モードも遊べる特別エディション。すでに遊んでいるフレンドのキャラクターにあわせて一緒に協力プレイができます。

今回のPS Plusフリープレイ4タイトルでは、GodfallのみがPS4 / PS5版。今回はPS5オンリーの作品はありません。

PlayStation Plus

The Sexy Brutale(セクシー・ブルテイル) は2017年にダウンロード専売でリリースされたインディーゲーム。日本一ソフトウェアが海外の良質なインディーゲームを発掘紹介するプロジェクト 日本一 Indie Spirits の初期タイトルです。

仮面舞踏会、ループする一日、殺人事件の謎、見下ろしパズルゲームという、インディーゲームらしいユニークな要素が並ぶ作品です。

PS Plus 12か月利用権オンラインコード

PS Plus 2021年12月のフリープレイに『JUDGE EYES:死神の遺言 新価格版』『レゴ®DC スーパーヴィランズ』などが登場! – PlayStation.Blog 日本語