PS4版『Cuphead』本日7月29日発売。1930年代のストップモーション調トレイラーも公開

予告編も力が入っています

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年07月29日, 午前 06:50 in stop motion department
0シェア
FacebookTwitter
Studio MDHR
Studio MDHR

Netflixでのアニメ化も進行中のレトロアニメ調人気アクションシューティングゲーム『Cuphead』が、本日7月29日よりPS4で発売されます。税込価格は1980円。開発元のStudio MDHRはPS4版の発売を伝えるためにカナダ・トロントのスタジオStop Motion Departmentと提携し、クレイアニメ・ミュージカル調のローンチトレイラーを製作、公開しました。

Cupheadと言えば、2017年にWindows 10、Xbox One用のタイトルとしてリリースされ、手書き感あふれるグラフィックを違和感なくゲームに融合させた独特の世界観を持つ人気ゲーム。その後macOS版、Switch版が発売されたほか、電気自動車テスラのタッチパネル・ディスプレイでもゲームの一部がプレイ可能になっています。

ゲームのグラフィックは実際にアニメーターの手で描かれており、その総数は5万フレームにものぼります。またBGMはビッグジャズオーケストラをライブ録音することでレトロな雰囲気をさらに膨らませるのに貢献しています。

Stop Motion Departmentが製作したPS4版トレイラーも、1930年代のおもちゃを再現するように木製の頭、革で作られた手などをキャラクターに使用。CGによる効果や修正などは一切使用しないというこだわりようです。撮影に使用したレンズは1930年代に製造されたものを使っており、そう言われるとリアルなビンテージ感が映像からにじみ出ているように思えます。

YouTubeでプレイ動画を見て「面白そう!」と思ったは良いものの、ゲーム販売店やオンラインのPlayStation Storeを探しても見つからず残念な思いをしたPS4ユーザーは、今日からあの日の鬱憤を思う存分晴らすことができそうです。

source:PlayStation

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: stop motion department, ps4, animated, trailer, playstation 4, studio mdhr, game, sony, cuphead, news, gaming
0シェア
FacebookTwitter