PS5 Media Remote
Sony

ソニーがプレイステーション5 の映像・音楽ストリーミングアプリ対応について公表しました。

PS4でも対応している Netflix や YouTube 、Spotifyなどに加えて、新たにアップルの Apple TV が PS5 / PS4 で観られるようになります。

ApleTV+
Apple

Apple TV といえば以前は「テレビにつないで iTunes で買った動画を見るためのアップル製デバイス」のことでしたが、現在はアップルが展開する映像サービスの名称でもあり、視聴するためのアプリの名前でもあります。

アップルがオリジナルのドラマシリーズや映画を展開する Apple TV+ もこの Apple TVサービスの一部。PS5 / PS4でも Apple TV で買ったりレンタルしたコンテンツを見られるようになり、別途月額で加入すれば Apple TV+ のオリジナル番組も見られます。

そのほか対応サービスは、

  • Netflix

  • Spotify (PS4と同様、システム組み込みでゲーム中のBGMに設定可能)

  • Twitch

  • YouTube

TwitchとYouTubeは視聴だけでなくゲームプレイの配信にも対応します。

このほか発売初日から使えるサービス/アプリは、

  • Amazon Prime Video

  • DMM.com

  • Hulu

  • U-NEXT

  • そのほか

PS5の本体メニューは「ゲーム」のホーム画面とは独立した「メディア」のホーム画面を用意しており、テレビ本体が対応していないサービスでも使える、より快適に観られる付加価値も訴求しています。

(更新:Amazon Prime Video, Hulu, DMM.com, U-NEXTについて「近日登場予定」としていましたが、更新されたソニーの発表によると発売初日から利用可能になるとのこと。)

高画質なテレビやスピーカーを持っている場合、気になるのは各サービス / アプリの 4K HDR や Dolby Atmos 等が PS5 でどこまで使えるかですが、今回の公式Blogでは対応サービスを軽く一覧したのみで、詳細仕様までは触れていません。

なおリモコンの画像にある「Disney+」については、リモコン商品ページには「サービス起動ボタンの一部(Disney+)は発売時点において動作しません」と注意書きがあり、今回の日本版公式Blog発表では今後対応予定にも含まれていません (米国では対応)。

Apple TV+のSFドラマ『ファウンデーション』予告編公開。アシモフの銀河帝国を映像化、2021年配信

ディズニー ファイアボール最終章『ゲボイデ=ボイデ』11月放送。『オーディオ・オモシロニクス』デジタル配信も決定