PS and Xbox
Engadget(US)

発売から1年少しが経過した、PlayStation 5とXbox Series X|S。各モデルともにまだまだ品薄状態ですが、本誌読者などは、果たして何台売れているのか、気になっている方もおられるのではないでしょうか。


ただしマイクロソフトのXbox Series X|Sは、公式に販売台数を明かしていません。ですが、2021年9月時点での全世界累計販売台数は、ソニーのPlayStation 5がXbox Series X|Sの約2倍に上るとの推計が発表されています。


この新たなデータは、英リサーチ会社Ampere Analysis社によるもの。同社が発表したゲーム業界レポートによると、9月時点での全世界での累計販売台数はPS5(ディスク版とデジタル版の合計)が1280万台に対して、Xbox Series X|Sは670万台とのことです。

ちなみにNintendo Switchは8970万台とされており、任天堂が公式発表した9287万台とはわずかながら異なっています。


さらにAmpereの報告では、2021年第3四半期(7~9月)にはソニー、MS、任天堂3社を合計した全世界販売台数は910万台に達し、スイッチがPS5をわずかに上回った(PS5の342万台に対して391万台)と推定されています。


Ampere社のゲーム調査ディレクターいわく「Switchは2021年を通じて世界の売上を支配してきましたが、第3四半期の販売台数は、任天堂のデバイスファミリー(スイッチ通常モデルやLiteなどの総称)とソニーのPS5の間が拮抗していました」とのこと。

なぜPS5の売上が伸びたかと言えば「ソニーは供給が改善され、需要が高い欧米市場で大きく前進した」「その結果、欧州ではPS5がスイッチの販売台数を大幅に上回る結果となりました」としつつ、米国でも9月に初めてPS5がスイッチを上回ったとの米NDPグループ報告にも言及されています。

しかしスイッチ側も10月に有機ELモデルの発売や、任天堂に追い風が吹く季節的な勢い、および製品の入手しやすさに助けられ、次の第4四半期には再び他のゲーム機の販売台数を大幅に上回るとの予想が述べられています。


ほか興味深い点は、Xbox Series SがXbox Series Xの売上を「いくつかの主要市場」で上回ったことを示唆するデータがある、とされていること。ただし実際の販売台数や、 “主要な市場”がどこかといった、具体的な情報は提供されていません。

さらに「マイクロソフトの2層構造の製品戦略は、Series世代の発売時の大胆な動きであり、部品不足とXbox Series Xの供給制約を背景に、パワーの劣るSeries Sが本領を発揮している」と書かれています。

廉価モデルのSeries Sは上位モデルのSeries Xとは定価で2万円もの差があることや、ディスクドライブがなくともダウンロード専売タイトルに慣れた世代が主流となりつつある事情が強みとなっているとも考えられそうです。


さて日本のユーザーにとっては、欧米でのPS5供給が改善しているとの分析は見逃せない感もあります。

国内ではPS5の品不足が一向に改善されない印象もありますが、ソニーが各国の市場ごとに割当て台数に差を付けている……ことはあり得ないはずで、やはり供給を大きく上回る需要があるためかもしれません。


Source:Ampere Analysis

via:Wccftech