PS5用「スパイダーマン」「デモンズソウル」などローンチタイトル4作、9月18日から予約開始

ダウンロード版も後日発表

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年09月17日, 午後 06:00 in games
0シェア
FacebookTwitter
Marvel's Spider-Man: Miles Morales

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下SIE)は、11月12日にPlayStation 5(PS5)用ソフトウェア「Marvel's Spider-Man: Miles Morales」「Demon’s Souls」「Destruction AllStars」「リビッツ!ビッグ・アドベンチャー」の4タイトルを発売します。

パッケージ版の予約はPS5本体と同時となる9月18日から順次開始。ダウンロード版予約購入受付の開始については後日発表予定です。PS5本体も11月12日に発売されるので、この4作がローンチタイトルとなります。

「Marvel's Spider-Man: Miles Morales」はニューヨークを舞台にスパイダーマンを操作するオープンワールドゲーム。マイルズ・モラレスがピーター・パーカーに導かれて、もう一人のスパイダーマンとしての道を歩み始めるストーリーとなっています。前作「Marvel's Spider-Man Remastered」が付属するUltimate Editionも発売予定です。価格はStandard Editionが5900円(税別、以下同)、Ultimate Editionが7900円です。

Demon’s Souls

「Demon’s Souls」は原作となるPlayStation 3版を、SIE JAPAN StudioとBluepoint Gamesの手によりフルリメイクした作品です。ダークファンタジーの世界を舞台に、亡国ボーレタリアに潜む凶悪なデーモンを相手に、禁忌の業“魂(ソウル)”の謎に挑みます。価格は7900円です。

Destruction AllStars

「Destruction AllStars」はヒーロー、カリスマ、インフルエンサーなど「オールスター」と呼ばれる16名が破壊の限りを尽くし、世界王者の座を目指し競い合うドライブアクションゲームです。車でのアクションに加えて、車から降りたキャラクターのパルクールも大きなポイント。新しいマシンに乗り換えたり、疾走する敵のマシンに飛び移って乗っ取ったりできるそうです。価格は6900円です。

リビッツ!ビッグ・アドベンチャー

「リビッツ!ビッグ・アドベンチャー」は「リトルビッグプラネット」シリーズの最新作。主人公のリビッツを操りかわいらしい3Dのステージを冒険します。価格は6900円です。

▲パッケージデザイン。PS4ではハードのロゴが青でしたが、PS5では白です

関連記事:

「PlayStation 5」の日本国内予約は9月18日(金)午前10時から

PS5ゲームは何が変わる?開発者が語るコントローラ新機能の活用法

Final Fantasy XVI発表。 プレイステーションとPC独占

スパイダーマン新作やホライゾン2はPS4でも発売、追加費用なしでPS5アップグレード可能

関連リンク:

PlayStation 5

 

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: games, PS5, Marvel's Spider-Man: Miles Morales, Demon’s Souls, Destruction AllStars, リビッツ!ビッグ・アドベンチャー, PlayStation 5, PlayStation, Spider-Man, news, gear, gaming
0シェア
FacebookTwitter