PlayStation 5
Sony

ソニーはプレイステーション5初の大型ソフトウェア・アップデートを4月14日より配信します。

更新内容はPS5ゲームの外付けストレージへの退避、PS5とPS4でのシェアプレイ(画面配信マルチプレイ)、パーティーやゲームベースなどソーシャル周りの改善など。

一方、M.2 SSD追加による本体ストレージ増設は「将来的に」対応のままで、今回の更新には含まれません。

PlayStation 5
Sony

ストレージ拡張と管理

本体機能として大きな追加は、PS5のゲームを本体ストレージからUSB接続の拡張ストレージに退避(移動)できるようになったこと。退避できるだけで、USB拡張ストレージから起動して遊ぶことはできません。

PS5専用ゲームはPS5本体ストレージの高性能を前提としているため、本体ストレージ(内蔵SSD)に保存した状態でしか遊べません。

しかしPS5の本体ストレージは額面で825GB、実際に使える空き容量は667GB前後。一本で50GBや100GB近い4K対応ゲームがざらにある状況ではすぐに埋まってしまい、従来は手狭になってきたら悩んで一度消して、次に遊びたくなったら再インストールやダウンロードをする必要がありました。

この問題については、発売当初より「将来的にPS5のタイトルをUSBストレージに保存(プレイはできません)できるよう、検討を進めてまいります」という説明がありました。慎重な表現でしたが、発売5か月ほどで実現したことになります。

PS5
Sony

本体ストレージの拡張は将来

PS5は外装の下にM.2 SSD用のスロットを備えており、将来的には高速な本体ストレージも拡張できる仕様です。こちらへの対応はまだこれから。

多数のゲームを遊ぶプレーヤーはとりあえず、遊び終わった部分や使わないコンテンツの部分削除や、USB拡張ストレージへの退避と書き戻しでしのぎつつ、将来的なアップデートを待って、ソニーが発表するであろう規格を満たした対応の市販SSDを購入して自分で追加することになります。

PlayStation 5
Sony

世代間シェアプレイ

シェアプレイはゲーム画面を動画として相手に配信して視聴させたり、一緒に遊んだり、コントローラ操作を渡して遊んでもらう機能。

更新後は、PS5で遊んでいるプレーヤーがPS4のプレーヤーを呼んだり、PS4のゲームにPS5で入ることもできるようになります。

そのほかの主な機能追加・改善は、

  • ゲームへの参加リクエスト送信。PS5 / PS4 で、フレンドが参加可能なゲームセッションを遊んでいる場合、こちらから参加リクエストを送信可能に。メッセージで可否を尋ねて招待を送り返してもらう手間が省けます。リクエストを含めやりとりができるプレーヤーはプライバシー設定でフィルタ可能です。

・ゲームベースの改善。UIの変更で、オンラインのフレンド確認や最近・お気に入りのパーティーにすばやくアクセス可能に。パーティーごとに通知のオンオフを個別設定できるように。

PlayStation 5
Sony

  • 音声チャットまわりの改善。ゲーム内チャットの無効化、マイクミュート等を素早く操作可能に。他のプレーヤーのチャット音量の調整にも対応。

  • タイトルアップデートの事前ダウンロード。デベロッパーが有効にしている場合、ゲームのアップデートファイルをリリース前にあらかじめ自動ダウンロードしておき、解禁時間にすぐ遊べるように。

  • ゲームライブラリのカスタマイズ。選んだゲームの非表示に対応。

  • 画面のズーム機能。設定画面からアクセス。

  • トロフィー画面の刷新。獲得状況のサマリー画面を追加。またトロフィー獲得時の自動キャプチャを、プラチナのみなどカスタマイズ可能に。

PlayStation 5
Sony

このほかスマホの PlayStation App でも、フレンドのオンライン通知やゲーム機側のオンラインステータス変更などが加わっています。(こちらはアプリ更新で加わる機能)。今後はPS5のマルチプレイセッションにスマホから参加する機能、スマホからPS5本体のストレージを管理する機能なども追加予定。

PlayStation 5
Sony

PS4では対応していた機能を含め、そろそろPS5を手に入れてから戸惑うことが少なくなるアップデートです。

PS5™の4月アップデート:ストレージオプションの追加やソーシャル機能が追加! – PlayStation.Blog