Krafton/Tencent Games
Krafton/Tencent Games

スマートフォン向けのバトルロイヤルFPSゲーム『PUBG Mobile』が、その最新アップデート1.5で、電気自動車メーカー、テスラとコラボレーションしています。

たとえば、ゲーム内マップのある場所にはGigafactoryがあり、そこでスイッチを操作して製造ラインを動かせば、電気SUVのModel Yをクラフト(?)することが可能になっています。製造したModel Yに乗れば、目的地に向かって自動運転させることもできます。

なお、この工場は技術開発によってゲームの舞台になるErangel島を変革した、架空の技術会社DynaHexに注目したテスラが進出してきて設置されたという設定とのこと。

マップ上の道路では自動運転で走行しているトラック「テスラ・Semi」がいて、これにダメージを加えると物資クレートを落とし、バトルサプライを入手できます。

また、このアップデートではCybertruckやRoadsterも用意されています。

なお、このコラボレーションはあくまでPUBG Mobile向けのものであり、よりリアルさを重視したゲームになっているPCおよびコンソール版には提供されません。PUBG Mobileとテスラのコラボレーションは、まだテスラが人々に知れ渡っていない地域にこれらEVの存在と魅力を広めるための地道なマーケティング手法だと言えるでしょう。

PUBG MobileでユーザーがGigafatoryを訪れ、Model Y生産ラインを動かせるようになるアップデートの提供は7月9日から順次行われるとのこと。

Source:PUBG Mobile
coverage:Digital News Asia