クアルコムはロボット市場に本気。5G対応開発キットRB5発表、ドローン応用も

カメラ部は「カメラ、カメラ&カメラ」な集積度

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年06月18日, 午後 03:35 in Qualcomm
0シェア
FacebookTwitter

Qualcomm 5G Robotics Platform

スマートフォン向けSoCの大手である米クアルコムが、5G通信に対応したロボット開発用キット(ロボティックスプラットフォーム)「RB5」を発表しました。同社が2019年に発表した「RB3」に続くモデルとなります。

RB5は自律運用が可能なロボットの開発を支援するプラットフォームで、同ジャンルにおいて世界初となる5G通信や、AI(人工知能)への対応などが特徴です。

中心となるのは、ロボット向け新プロセッサ「QRB5165」です。同SoCはKryo 585 CPU、Adreno 650 GPUを搭載し、AI処理においては15TOPS(テラオペレーション/秒)のスペックを実現。また、5G接続では、速度に優れるミリ波帯もサポートしています。

なお、前世代のRB3では、SoCとしてスマートフォンなどにも使われるSnapdragon 845を採用していました。今回はロボット向けに専用プロセッサを用意した形となります。

カメラには1200万画素メイン+トラッキング+深度センサー+ToFセンサーなどを含むシステムを搭載。最大7カメラや8K/4K HDR動画、2億画素撮影の処理に対応しています。さらに、磁力や気圧、温度、超音波といった多様なセンサーを搭載しています。

RB5はニューラルプロセッシングやマシンビジョン、ローカライゼーション、フィーチャーレコグニション、障害物検知といった処理が可能。これにより、家庭用ロボットからドローンまでの応用が期待されています。

現在は家庭用の掃除ロボットから施設の警備ロボット、さらにドローンまで、自律稼働が可能なシステムが多様な産業から求められています。RB5はそのようなプロダクト開発において、力を発揮することが期待されます。

Source: Qualcomm 1, 2


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Qualcomm, robots, 5G, robotics, development, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents