engadget

クアルコムはSnapdragon Tech Summitの2日目で、ゲームデバイス向けSoC「Snapdrgaon G3x Gen 1」を発表しました。同SoCを搭載した携帯ゲーム機のリファレンスデバイス「Snapdragon G3x Handheld Gaming Developer Kit」の開発者向け配布も開始しています。

「Snapdrgaon G3x Gen 1」は、Androidアプリのほか、クラウドや家のゲーム機、PCからゲームをストリーミングするなど、ゲームデバイスとしての用途に最適化したSoCです。

SoCに統合したAdreno GPUにより、最大144fps・10bit HDR表示にも対応するほか、5Gミリ波・サブ6をサポートし、クラウドゲーミングにおける高速通信と超低遅延を実現します。

USB-Cを経由したマルチスクリーンにも対応。同SoC搭載デバイスを4Kテレビに接続し、デバイスをテレビのコンパニオンコントローラーとしても利用することもできます。

同SoCを搭載したリファレンスデバイス「Snapdragon G3x Handheld Gaming Developer Kit」は、Razerとクアルコムが共同で開発したもの。

最大120Hzで駆動する6.65インチ 10bit HDR対応のOLEDを搭載するほか、2つのマイクと5MP / 1080p60カメラによって、自分がゲームをプレイしている姿をキャプチャしたり、本機単体でゲームをストリーミング配信できます。

タッチで操作するゲームの場合でも、タッチボタンをコントローラー上の物理ボタンにマッピングする機能を用いることでプレイできます。

その他、4方向スピーカーを備えるほか、Snapdrgaon Sound対応イヤホンを用いることで、低遅延のワイヤレス・オーディオも楽しめます。