Qualcomm

QualcommとGoogleは12月16日(現地時間)、Snapdragonを搭載する端末で最新のAndroidを実行できる点を目標に、Project Trebleを強化・拡張するための提携を発表しました。

このProject Trebleとは、Googleが2017年に発表したAndroidのアップデートを容易にする仕組みのこと。OSのシステム部分と各メーカー固有の実装部分を切り離すことで、アップデートを簡単にしようというものです。Android側は8.0以降に含まれており、Googleによれば最新OSへの早期アップデートの流れは、過去数年で加速しているとのことです。

これまで同プロジェクトは、簡単かつ迅速なアップデートに重点を置いていましたが、もう一つの重要な目的が、端末の長期的なサポートです。今回のQualcommとの提携は、この点を推進する狙いが大きいようです。

Qualcommは提携の一環として、Snapdragonモバイルプラットフォームを採用する端末において、4つのメジャーなAndroid OSと4年間のセキュリティアップデートをサポートします。この取り組みは12月頭に発表されたSnapdragon 888から始まり、下位のチップセットにも適用されるとしています。

4つのメジャーなAndroid OSということは、要するに3年間のアップデートをサポートするということ。すでにPixelシリーズは3年間のメジャーアップデートと3年間のセキュリティアップデートを保証しているので、この取り組みによりセキュリティアップデートの期間が1年間延長されることになります。

これは多くのAndroid端末が2年程度のサポートしか提供されていない現状では、歓迎すべき取り組みです。


ただし、いくらSoC側がサポートを提供しても、最終的にアップデートを行うかどうかは端末側のメーカー次第でもあります。ここにキャリアの意向も絡むことになり、そう単純な話でもなくなってしまうのですが、ユーザーとしてはより長くサポートされる端末を選びたいところ。

それを踏まえると、メーカーとしてもよりアップデートが楽になるSnapdragonを採用する率が高くなっていくのかもしれません。

source: Qualcomm, Google