クアルコム「Quick Charge 5」発表 スマホを5分で50%充電

3年ぶりのバージョンアップ

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年07月28日, 午後 06:40 in Qualcomm
0シェア
FacebookTwitter
Quick Charge 5

米クアルコムは7月27日(現地時間)、Android端末向けの高速充電規格「Quick Charge 5」を発表しました。スマートフォンのバッテリーを5分間で50%充電できることがポイントで、Quick Charge 4と比べて70%高速化しています。

100Wを超える充電電力をサポートするだけでなく安全面にも配慮しています。具体的には、25VでのUSB入力過電圧保護や、30V以上の外部電源制御などを組み込んでいます。充電中の端末の温度については、Quick Charge 4より10度低いとのこと。

Quick Charge 2.0/3.0/4/4+およびSnapdragonを搭載したスマートフォンと下位互換があり、USB Power Delivery(USB PD)やUSB Type-Cにも最適化しているといいます。

対応ポートにはUSB Power Delivery(USB PD)とUSB Type-Cが含まれ、対応プロセッサはSnapdragon 865/865 Plus。ハイエンドクラスのスマートフォンを中心に採用される見込みで、2020年第3四半期(7月〜9月)に対応製品が登場する予定です。

Quick Charge 5

最近では、中国メーカーを中心100Wを超える独自の高速充電技術を発表しており、Quick Charge 5がどこまでスペックで対抗できるのかは不明ですが、プロセッサメーカーが自社で提供する高速充電規格として、採用するメーカーは多いと思われます。


Source: Qualcomm


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Qualcomm, smartphone, Android, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents