Oculus Quest 2 は解像度・性能大幅向上、新コントローラ採用。Facebookがフライング掲載

価格は?

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年09月14日, 午後 08:03 in oculus
0シェア
FacebookTwitter
Oculus Quest 2
Facebook

Facebook が未発表のVRヘッドセット「Oculus Quest 2」をフライング掲載しました。

Oculus Quest 2 はうわさどおり Qualcomm の最新AR/VRプラットフォーム Snapdragon XR2 を採用し処理能力が大幅に向上するほか、RAMも1.5倍の6GBを搭載。VRで重要なディスプレイ解像度も「片目ほぼ2K」「Oculus ヘッドセット史上でもっとも高精細」になりました。

本体もストラップが硬い樹脂からファブリック素材になり軽量化したほか、コントローラもより持ちやすい新設計を採用します。

Oculus Quest 2
Facebook

初代の Oculus Quest が発売されたのは 2019年5月。Snapdragon 835プロセッサをベースに4GB RAM、64GB または256GB ストレージ、ディスプレイは片目1600 x 1440 の有機ELでした。

第二世代製品の Quest 2 がまもなく発表になるらしい、とのうわさはありましたが、Facebook 自身が自社のeラーニングサイトの Facebook Blueprint で多数の動画をフライング掲載しています。

そちらによると、心臓部のSoCはうわさどおり Snapdragon XR2、RAMは6GB。単純にプロセッサの性能差でいえば初代 Quest 比で CPU / GPU ともに2倍、RAMは1.5倍になります。ストレージは256GBオプションあり。

ほかSoCのカタログスペックとしては、扱えるビデオ帯域が4倍、解像度6倍、AIコアの処理速度11倍など。

クアルコム、5G対応AR / VRヘッドセットの参照設計を公開。Snapdragon XR2ベース

クアルコム、世界初の5G対応AR/VR用SoC発表 AI性能11倍・解像度6倍

VRヘッドセットで重要なディスプレイ解像度は「片目につきほぼ2K」「現行モデルより50%以上高精細」「歴代Oculusヘッドセットでもっとも高い解像度」。

そのほかフライング掲載された動画からは、

・初代より小型・軽量

・ヘッドストラップはソフトタッチの改良型(初代は硬質な樹脂製だった)

・コントローラも改良。より快適に。

・ストレージ256GBモデル (従来は64GBまたは128GB)

・PCと接続して Rift のように使う Oculus Link も引き続き対応

製品デモ動画のフライング掲載とあってフル仕様が判明したわけではなく、価格もまだ分かりません。ただしうわさとしては、性能を大幅に向上しつつ従来よりも手頃になるという願望混じりの説もありました。

発売日も不明。ただし製品版の紹介動画がすでに多数用意されておりカジュアルにリークしていることからすると、いずれにしろ近い時期には正式発表が期待できそうです。

新型Oculus Questは小型軽量で90Hz以上、新コントローラ採用?(うわさ) (2020年5月)

Oculus Demo Experiences : Learn with Facebook (フライング掲載ページ。取り下げの可能性があります)

更新: 解像度についての表現を修正。リークした動画中の表現では「片目ほぼ2K」です。

当初、一般に2Kが指す解像度の参考として2560 x 1440 をカッコ内に併記しましたが、2Kは4Kに対してフルHD解像度程度を指す使いかたもあり、また片目につきの縦横比で考えると「ほぼ2K」すなわち長辺2000ピクセル以下とも解釈できるため、紛らわしい参考を削除して「片目ほぼ2K」表現のみにしました。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: oculus, oculus quest, Oculus Quest 2, news, gaming, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents