engadget

楽天モバイルの通話・メッセージアプリ「Rakuten Link」で個人情報および通信の秘密漏洩が発生したとして、総務省が楽天モバイルに対し文書で指導しました。

総務省の発表によると、「Rakuten Link」アプリにおいて、2020年10月に個人情報漏えい事案(第1事案)が、同年11月に個人情報および通信の秘密の漏えい事案(第2事案)がそれぞれ発覚しました。

このうち第1事案では、すでに回線を解約した利用者が登録していた情報(登録名、プロファイル画像、連絡先情報)が、同じ番号を付与された新規回線契約者に対し閲覧可能な状態となっていました。

第2事案では、同アプリの機能強化のためのメンテナンスにかかわるシステムの再起動中に、新たに同アプリの利用を開始した利用者に対して、別の利用者の情報(発着信履歴、登録名、プロファイル画像、電話帳、チャット履歴)が閲覧可能な状態となっていました。

これを受け、楽天モバイルは原因究明と再発防止策を検討のうえ、2021年2月16日付けで総務省に最終報告書を提出。総務省は本日(3月10日)付けで楽天モバイルに対し、同社の体制、業務管理、安全管理対策、委託先の監督、委託先を含む従業員等に対する研修のあり方などを抜本的に見直した上で、再発防止に努めるよう、文章で指導しました。

Source:総務省