『楽天が大きな脅威になるとは現時点では思えない』ソフトバンク宮内社長

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年08月4日, 午後 06:45 in news
0シェア
FacebookTwitter
engadget
Engadget Japan

今年4月に商用携帯(MNO)サービスを開始した楽天モバイル。1年無料でデータと通話使い放題の「UN-LIMIT」を展開するほか、米倉涼子を起用した新CMを展開するなど利用者の獲得を図っています。

その楽天モバイルに対し、ソフトバンクの宮内謙社長は決算会見で『(今の計画通りでは)決定的な大きな脅威になるとは思えない』とコメントしました。

決算会見の質疑応答で楽天モバイルの影響について問われた宮内社長は次のようにコメントしました。

Engadget Japan

『現時点ではそれほど大きな脅威になっていません。要はどれくらいネットワークが広がるかなんですよね。我々が5Gで必死にエリアを広げているのは、人口カバー率が9割くらいいかないと本格的な販売ができないからなんです』

『今はKDDIさんのローミング中心なので商売として始まっていますけど、今後ネットワークをどこまで構築されるかにかかっています。我々は全国ベースで23万基地局もあるんです。それくらい本腰なら脅威になります。ただ、今の計画をみると、それなりの形で事業を拡大されるんでしょうけど、我々やKDDIさんやドコモさんにとって決定的な大きな脅威になるとは、今の計画通りだとすると思えません』

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: news, gear
0シェア
FacebookTwitter