Rakuten Hand

楽天モバイルから、片手で持ちやすいスリムなスマートフォン「Rakuten Hand」が発売となりました。非常にスリムなのが特徴で、楽天は「ジャストサイズで、高機能」とアピールしているモデルです。

楽天モバイルのオリジナル端末としては、最初に出た3.6インチのRakuten Mini、6.9インチのRakuten BIGがありますが、Rakuten Handは5.1インチでちょうど中間サイズです。重さも約129gと軽量です。

SoCはSnapdragon 720G、RAM 4GB、ストレージ64GBのミドルクラス端末ですが、これで販売価格が2万円(税込)なら、十分に魅力的と言えるでしょう。ただし、5Gには非対応なのが残念なところ。また、Rakuten MiniやBIGと同じくeSIM専用端末で、物理SIMは挿せず、SIMスロットもないのでmicroSDなどの外部ストレージにも非対応です。

Rakuten Hand
▲Rakuten BIGは手元になかったので、他の端末とサイズ比較。左からPixel 5、Rakuten Mini、iPhone 12 Mini。Rakuten Handの横幅(63mm)はiPhone 12 Mini(64.2mm)よりも狭い

5.1インチのミドルクラス端末

実際に手に取った印象ですが、横幅63mmは片手で持つのにちょうどいいサイズ感。ただ、ディスプレイは5.1インチ 1520x720(19:9)で上下のベゼルはやや厚めです。これで上下もベゼルレスであったらと思ってしまいますが、そこは値段を考えれば妥協してもいいところでしょう。

Rakuten Hand
▲ディスプレイの左右は湾曲しており、これが縦長感をさらに強調しています。

背面のエッジもディスプレイと同様に湾曲しており、手に持ったときの当たりが優しく、程よくなじむ感じです。

また、最近のスマートフォンでは、カメラ部が飛び出しているものが多いですが、Rakuten Handはレンズこそ飛び出しているものの、全体にすっきりした印象です。

Rakuten Hand
▲クリムゾンレッドはかなり鮮やかな赤色

本体向かって右側面に電源とボリュームボタン。

Rakuten Hand

上面には3.5mmジャック。底面のUSBはもちろんType-Cです。

Rakuten Hand

なお、eSIM専用機なので、SIMスロットはありません。生体認証は指紋と顔認証に対応しており、指紋センサーは画面内に搭載しています。

この指紋センサーの位置、最初は少し上過ぎるかと思ったのですが、片手で持って親指で解除するにはちょうどいい位置でした。

Rakuten Hand

日常のスナップ写真には十分なカメラ

背面カメラは、デュアル構成ですが、4800万画素の広角と200万画素の深度測位カメラなので、実質利用出来るのは1つだけです。

Rakuten Hand

そのカメラについてはほとんど設定項目はなく、基本メニューは、動画、写真、背景ぼかしの3つのみ。夜景モードなどもありません。

Rakuten Hand
▲AIによる被写体認識には対応しています

写りは可もなく不可もなくといったところ。全体的に彩度が高めな印象ですが、そもそもカメラ性能をどうこういう機種ではなく、これだけ撮れれば、SNSでのシェアなどには十分使えそうです。

Rakuten Hand

背景ぼかしはF0.95からF16まで可変でき、仕上がりもまずまずです。

Rakuten Hand
▲花の横の部分の処理があまいですが、全体的には綺麗にぼかせています

Rakuten Hand

ほぼ素のAndroid 10

楽天モバイルの端末だけあって、楽天の各種アプリがプリインストールされていますが、それ以外は特別なカスタマイズなどはありません。サービスに直接関わるmy楽天モバイル、楽天Linkは削除出来ませんが、その他のアプリは削除も可能です。また、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)もプリインストールされていました。

Rakuten Hand

そのほか、設定メニューなども含めほぼ素のAndroid 10となっています。

Rakuten Hand

小さいながらゲームも出来るミドルクラス

ミドルクラスかつ画面も小さめなので、これ1台でなんでもかんでも出来るという端末ではありませんが、なんとかゲームもプレイできます。原神は画質を低にすれば、起動こそ時間がかかるものの問題なく動作しました。

Rakuten Hand
▲上下のベゼルが広いので、横向きだと持ちやすい

一応、ベンチマークをAnTuTuのスコアは27万3633。Geekbench 5はシングルコアが568、マルチコアが1767となりました。

Rakuten Hand
▲左:AnTuTu、右:Geekbench

片手で持ちやすいが誤動作もしやすい、かも

非常にスリムで片手でも持ちやすいRakuten Handですが、そのスリムさと湾曲したディスプレイのエッジが相まって、やや誤動作しやすい気もします。持ちやすいのでしっかり掴んでしまうと、指の腹や親指の付け根が画面に触れてしまうのです。

Rakuten Hand

もちろん、持ち方や手の大きさなどにより全く問題ないという人もいると思いますが、ここまでスリムであるなら、エッジを湾曲させずにフラットでも良かったのではというのが正直な印象です。

ともあれ、キャンペーンを併用すれば4980円で購入可能ながら、FeliCa搭載でおサイフケータイに対応。なによりコンパクトなので、メイン端末としてはもちろん、Galaxy Z Fold 2やGalaxy S20 Ultraなど、おサイフケータイが利用出来ない端末の補完用にも良さそうです。