Honda Rakuten

楽天グループ(以下、楽天)と本田技術研究所(以下、Honda)は2021年7月19日、筑波大学構内と一部公道で、自動配送ロボットの走行実証実験を始めました。両者は非対面での配達需要や配達員不足などの解決を目指すとし、8月末までこの実験を行います。

具体的な内容は、Hondaが開発した自動配送機能を搭載した車台に、楽天が開発した商品配送用の箱を設置し、筑波大学構内の宿舎周辺と一部公道を含む約500mの道路を自動走行させるというもの。その様子を楽天モバイルのLTE回線を用いて遠隔監視します。

この実験では、Hondaが自動配送ロボットの機体とシステムの開発・仕様検討および技術実証を、楽天が安全面での対策や商品配送用ボックスの開発およびサービス実用化に向けた検討をそれぞれ目的としています。

Hondaは、この実験について「2018年1月、HondaがCESで発表したプラットフォーム型ロボティクスデバイスの社会実装に向けた展開例のひとつ」としたうえで、「Hondaならではの二輪・四輪・パワープロダクツ・ロボティクスなどさまざまなモビリティ開発で培った、人が混在する環境下で安全に移動する技術が生かされている」と説明しています。

それに加えて、自動配送ロボットの電力源には交換式バッテリー「Honda Mobile Power Pack」を採用し、充電を待たずに配送サービスの継続が可能な点をアピールします。


Gallery: 楽天とホンダが配達ロボの実験 | of 4 Photos

  • <p>Honda Rakuten</p>
    <p>Honda Rakuten</p>
  • <p>Honda Rakuten</p>
    <p>Honda Rakuten</p>
  • <p>Honda Rakuten</p>
    <p>Honda Rakuten</p>
  • <p>Honda Rakuten</p>
    <p>Honda Rakuten</p>