楽天モバイルは、何者かが他人名義の楽天IDもしくはクレジットカード情報を不正に入手して、楽天モバイルの利用者になりすまし、同社のオンラインストアでiPhoneを購入する被害が発生していることを明らかにしました。

同社のオンラインストアでは、回線契約が伴う購入であれば本人確認を行っていますが、楽天IDとパスワード、クレジットカードがあれば本人確認をせずに端末の単体購入が可能です。

同社によれば、楽天IDやクレジットカード情報などの個人情報が漏えいした事実はないとのことですが、現在、不正購入の件数などを調べており、端末を複数台購入した場合の出荷を一時的に停止するなどの緊急措置を実施しています。

また、「万が一、身に覚えのないクレジットカードやデビットカードの利用があった場合は、カード会社へ相談してほしい」としたうえで、複数のオンラインサービスで同じパスワードを使用しないよう呼びかけています。

Source : 楽天モバイル

関連記事:楽天モバイル、iPhone 12 や AirTag などの取り扱いを発表