約1万円の電子書籍リーダー「Kobo Nia」22日発売 小説6千冊持ち運び可能

8GBメモリとフロントライトを搭載

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年07月17日, 午後 05:00 in rakuten
0シェア
FacebookTwitter
Kobo Nia

楽天グループのRakuten Koboは、8GBの内蔵メモリとフロントライトを搭載した電子書籍リーダー「Kobo Nia(コボ ニア)」の予約受付を開始しています。

発売日は7月22日で、予約の受け付けは「楽天Kobo電子書籍ストア」や、家電ECサイト「楽天ビック」のほか、家電量販店「ビックカメラ」の店頭とウェブサイト、「ソフマップ・ドットコム‎」、「コジマネット」、「Joshin webショップ」の各ウェブサイトなどで行っています。

Kobo Nia
Kobo Nia を使う様子。画面の輝度を調節できる

「Kobo Nia」は、Rakuten Koboの電子書籍リーダーのなかで最も手ごろな価格を設定したエントリーモデルという位置づけです。

価格は1万978円(税込、以下同じ)で、8GBの内蔵メモリとフロントライト技術「ComfortLight」を搭載します。内蔵メモリには、一般的な小説であれば約6000冊分、コミックは約150冊分を保存しておけるといいます。

サイズは159.3x112.4x9.2mm(縦x横x厚さ)、重さは約172g。バッテリー持続時間の目安は数週間程度と公表しており、Wi-Fiとフロントライトをオフにした状態で、1ページにかける時間を約1分、1日30ページ読書した場合の計算値としています。

Kobo Nia

専用スリープカバーも発売

Kobo Nia本体のほかに、専用アクセサリーとして「スリープカバー」も用意します。カラーはレモン、ブラック、アクアの3色展開で、外側にPUレザーを、内側にプラスチック素材を使用しています。単体価格は2480円です。

Kobo Nia


source:Rakuten Kobo , Kobo Nia , 楽天Kobo電子書籍ストア


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: rakuten, rakutenmobile, tablets, Tablette, photos, books, Document, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents