楽天モバイルは、iOS版「Rakuten Link」の仕様変更を延期しています。

同社は当初、仕様変更を6月15日に実施予定としていましたが、一度6月24日に延期し、今回さらに「未定」と案内しています。新たな予定日は後日案内します。

この仕様変更では、主に着信時とSMS利用時の挙動が大きく変わります。

1つ目の変更点は着信時です。「Rakuten Link」を利用していないユーザーからの着信は、iOS標準の電話アプリで受けるようになります。この場合、着信相手にかけ直す場合、「Rakuten Link」を利用することで国内通話が無料となります。

なお、海外で着信する場合はより複雑になります。「Rakuten Link」を使用していない相手から海外で着信する場合、通話料金は従来の「0円」から「国・地域別従量課金」へと変わります。これは着信に「Rakuten Link」を利用できなくなるためです。

2つ目の変更点はSMSです。従来は「Rakuten Link」アプリ以外からのSMS送受信も「Rakuten Link」アプリで送受信していましたが、変更後は「Rakuten Link」アプリ以外からのSMS送受信はiOS標準のメッセージアプリで送受信するようになります。

これに伴い、Rakuten Linkを使用していない相手とのSMS送受信の料金が下記のように変更となります。

engadget

加えて、iOS 14.4以降へのアップデート、ならびにキャリア設定の最新バージョンへのアップデートをユーザーに呼びかけています。これを実施しない場合、上記の仕様変更に伴いSMS送受信が利用できなくなる可能性があるとしています。

Source:楽天モバイル