楽天モバイル5G開始 月2980円のワンプラン、300万人は1年無料

Rakuten UN-LIMIT V(アンリミットファイブ)

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年09月30日, 午後 03:20 in rakutenmobile
0シェア
FacebookTwitter
rakuten

楽天モバイルは5G(第5世代移動通信システム)の商用サービス「Rakuten UN-LIMIT V」(アンリミットファイブ)を開始しました。

5Gの料金プランは1種類のみで、4Gの「Rakuten UN-LIMIT」と同じ内容です。具体的には、国内かけ放題・データ無制限で月2980円とし、300万人を対象に1年無料(2980円引き)で提供します(金額は記載がない限り税抜)。

なお、4Gの Rakuten UN-LIMIT に加入している人は、追加料金なく5Gの Rakuten UN-LIMIT V を利用できます。

現在 Rakuten UN-LIMIT を契約中の人は、10月12日より自動的に Rakuten UN-LIMIT V にアップグレードされます。 今すぐ移行したい場合は、9月30日よりMy楽天モバイルアプリより手続きできます。Rakuten UN-LIMIT V の新規受付は、9月30日15時30分以降、楽天モバイルのWEBサイトや店頭にて行います。

データ通信については、楽天モバイルのエリア内であれば、データ通信速度の制限はありませんが、auローミングエリア内は月5GBまで。5GB制限があるauローミングエリア内でデータ容量を使いきると、通信速度が最大1Mbpsに制限されます。海外ローミングエリア内では月2GBまで利用でき、超過後は通信速度が最大128kbpsに制限されます。

最大通信速度と対応端末は次の通りです。

5Gの最大通信速度:

  • 下り約870Mbps/上り約110Mbps(2020年9月30日時点)

  • 下り約2.8Gbps/上り約275Mbps(2020年11月中に対応予定)

対応端末:

通話とSMSについては、「Rakuten Link」アプリを利用すれば、国内はかけ放題でSMSは利用し放題ですが、Rakuten Link を利用しない場合、通話は30秒あたり20円で、SMSは全角70文字につき3円かかります。

海外から発信する際は Rakuten Link を利用でき、通常の電話アプリでは海外からの発信はできません。通常のSMSは日本から海外への送信が可能で、全角70文字につき100円かかります。

課題はエリア拡大、3社も値下げ圧力に対応か

なお、4Gプランの Rakuten UN-LIMIT の契約申込数は2020年6月30日付で100万回線を突破しており、5Gプランの Rakuten UN-LIMIT V についてもシンプルかつ安い料金設定にすることで、早期に顧客を獲得する狙いです。しかし、楽天モバイル独自の回線網は限られており、今後どれだけ広い通信エリアを構築できるかが顧客獲得のカギとなりそうです。

Rakuten 5G Service Area

Rakuten
▲楽天モバイルの基地局

携帯電話の料金プランをめぐっては、菅義偉総理大臣が「携帯電話料金の値下げ」を看板政策に掲げていて、武田良太総務大臣も『1割程度の値下げでは改革にならない』との見解を示していますが、各社の携帯電話料金は依然として高い水準にあるとされています。

実際、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、4G料金プランに500〜1000円を上乗せして大容量や使い放題をうたう5G料金プランを提供しています。楽天モバイルの料金発表を受けて、今後、携帯大手3社がどのような対抗策を打ち出すのかも注目されます。

Rakuten
▲楽天モバイルが公開した各社の5Gプランとの比較

(更新終了:2020/9/30 18:20)


source:楽天モバイル



 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: rakutenmobile, 5G, rakuten, news, gear
0シェア
FacebookTwitter