ゲーミングブランドのRazerはゲーム配信での利用を想定したUSBマイク「Seiren V2 Pro」「Seiren V2 X」を発表しました。

Seiren V2 Proの価格は1万8980円、Seiren V2 Xの価格は1万2780円(ともに税込)で、公式ストアではすでに販売を開始しています。

Razer Seiren V2 Pro

上位モデルに相当するSeiren V2 Proはダイナミック型のマイクで、Razerいわく「豊かで安定したトーンの声」での録音が可能。本体前面には音量、ゲイン、ミュートのボタンを搭載しています。

Seiren V2 Proには、ノイズの発生を防ぐ機能が複数採用されています。まずハイパスフィルターを搭載することで、PCのバックグランドのハム音のような不快な低周波をシャットアウト。さらにアナログゲインリミッターによりマイクゲインを自動的に調整し、大声による声の歪みを防ぎます。マイク本体にも内蔵型ショックアブソーバーとマイクウィンドジャマーが搭載され、タッチ音や声の破裂音、摩擦音、防ぎます。

背面には3.5mmのイヤホンジャックを搭載し、自分の声のモニタリングが可能。ミキシングソフトウェア「Razer Synapse」では複数トラック、複数出力の柔軟なミックスが可能です。

一段価格帯の下がるSeiren V2 Xは、コンデンサーマイクを採用。Razerによれば同マイクは高音域の集音に優れており、またスーパーカーディオイドマイクの集音パターンにより後ろや横からの周辺音を拾いにくい特性となっています。

Seiren V2 Xでも先程紹介した、アナログゲインリミッターや内蔵型ショックアブソーバーを搭載。3.5mmイヤホンジャックによるマイクモニタリングも可能ですが、ボリュームボタンは省略されています。

今月初めにもお手頃な配信用ウェブカメラ「Kiyo X」やキャプチャカード「Razer Ripsaw X」を発売したRazer。今後のゲーミングデバイスのトレンドとして「配信」というキーワードは、ますます重要になりそうです。

Source: Razer 1, 2