RAZER WOLVERINE V2 CHROMA
Razer

Razerが9月14日(現地時間)、Xbox Series X|S、Xbox One、Windows 10 PCで利用できる有線ゲームコントローラーRazer Wolverine V2 Chromaを発表しました。日本の公式ストアでは、1万8980円で販売中です。

Razer Wolverine V2 Chromaは、名前の通り、2020年11月に発売されたRazer Wolverine V2のChroma RGB対応版。一見すると光りそうだった前モデルのグリーンの縁取り部分が、実際にChroma発光するようになりました。

もちろん、アップデートはそれだけではなありません。これまでもあったリマップ可能な2つのバンパーボタンに加え、背面に4つのトリガーが追加されました。Xbox Eliteコントローラーのようなパドルボタンではありませんが、専用アプリから好みのボタンを割り当て可能です。また、メイントリガーは、スライドスイッチにより作動距離を変更可能です。

Razer Wolverine V2 Chroma
Razer

このほかの機能として、親指スティックキャップが交換可能になりました。高さの違う2つのキャップが付属しており、操作速度を優先するか精度を優先するか、好みに応じて選ぶことができます。

Razer Wolverine V2 Chroma
Razer

なお、有線コントローラーで無線接続には非対応ですが、USBケーブルは着脱可能です。有線で1万8980円はやや高めな印象ではありますが、追加のパドルボタンに交換できる親指スティックキャップ、そしてなによりChroma発光が大きな魅力ではあります。

Source: Razer