Reachy
Pollen Robotics

2020年のCESで、フランスのスタートアップPollen Roboticsが発表したオープンソースロボット「Reachy」。その顔がどことなく映画「天空の城ラピュタ」に登場するロボット兵にも見える上半身のみのロボットですが、現在開催中のCES 2021にもバージョンアップして登場しました。

これまで、動作の設定にはプログラムが必須でしたが、アップデートによりVR経由の遠隔操作に対応。操縦者が直接操れるようになりました。

VRヘッドセットを介してロボットと同じ視野を共有。コントローラによりロボットの腕を操作できます。Reachyの腕は人間と同じ7自由度(7DoF)を持っており、物を掴むような動作も行えます。

この方法、単なる遠隔操作に留まらず、プログラムの代わりに動作を学習させる手段としても利用出来るとのことです。

ハードウェア的にはプロセッサのアップグレードや、光学ズーム対応のデュアルカメラがアップグレードされたものの、価格は据え置きで1万7000ドル(約180万円)となるようです。

上半身しかないので自由に動き回ることはできませんが、非接触での受付業務や商品提供など、意外と時代のニーズに合致した製品なのかもしれません。

source: Pollen Robotics