iPad mini 6
Jon Prosser

先日Bloombergが次期iPadのロードマップを述べていましたが、これを受けて有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)が独自情報に基づく次期iPad miniの予想レンダリング画像を公開しました。

おなじみJon Prosser氏は自らのサイトにて「再設計されたiPad mini 6」と称する画像をお披露目しています。Prosser氏の予想は当たり外れはあるものの、最近では24インチiMacに豊富なカラーバリエーションが用意されると的中させていました

さて新情報によると、第6世代のiPad miniの筐体サイズは第5世代と同じとのこと。しかしホームボタンが廃止されてTouch IDは側面の電源ボタンに統合され(第4世代iPad Airと同じ)、ディスプレイが大型化して画面まわりのベゼルも狭くなっているほか、LightningポートがUSB-Cに変更されるなど、デザインが根本的に一新されると述べられています。

iPad mini 6
Jon Prosser

現行の第5世代iPad miniは7.9インチ画面を採用していますが、次期モデルでは本体の大きさは変わらないまま、前面からボタンが消えたりナローベゼルになることでディスプレイが広くなるということ。これまでの噂話では、おおよそ8.4〜8.9インチになると予想されていました。

iPad mini 6
Jon Prosser

さらに次期iPad miniは、iPad ProやiPad Airと同じくフラットな側面にメタリックな仕上げが施されるとも述べられています。その言葉を裏付けるように、Prosser氏のレンダリング画像はまるで第4世代iPad Airを小さくしたかのようです。また第4世代Airと同じA14 Bionicチップを搭載し、セルラーモデルでは5G対応とのことです。

またProsser氏によれば、次期iPad miniはシルバー、ブラック、ゴールドの3色で展開されるとともに、発売と同時に小型のApple Pencilが登場するかもしれないとのことです。たしかに現行の第5世代iPad miniに対応した第1世代Apple Pencilは、小型タブレットには大きすぎて持て余す印象もありました。

iPad mini 6
Jon Prosser

Prosser氏とBloomberg(の名物記者Mark Gurman氏)ともに、次期iPad miniが年末までに発売される見解は一致しています。次期MacBook ProもWWDCの舞台裏で用意されながら半導体不足のため発表が見送られたとの憶測もありますが、年末までにはチップの需給バランスが安定していることを祈りたいところです。

Source:Front Page Tech