Nubiaのゲーミングスマホ「RedMagic 5S」日本販売開始、144Hz画面駆動で6万円台

前モデルから着実に進化

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年09月3日, 午後 12:20 in games
0シェア
FacebookTwitter
Engadget

9月3日、ZTE傘下のスマートフォンメーカーNubia Technologyのゲーミングスマホ「RedMagic 5S」が日本にて販売開始されます。

価格は8GB+128GBのSonic Silverが$579(約6万1000円)で、12GB+256GBのPulseが$649(約6万8000円)です。

ディスプレイは前機種「RedMagic 5」と同じ6.65インチのアクティブマトリクス式有機ELパネルを採用。リフレッシュレートは144Hzを実現しています。ディスプレイ内に指紋認証を搭載しています。

Engadget

ゲーミングデバイスで重要となる冷却機能はファンによる空冷と「ICE 4.0」という水冷却システムを採用。「RedMagic 3」比で最大空気量が30%向上しています。さらに本体内部の銅プレートも大きく拡張され、本体背面にはICE AG シルバープレートが加わっています。

Engadget

本体に装着可能な専用の冷却アタッチメント「Ice Dock」も用意。「Ice Dock」は背面のICE AG シルバープレートを介して本体の熱を排出します。最大回転数8000rpmながら静音設計となっています。

バトルロイヤルゲーム「PUBG」のテストプレイで本体表面温度を計測したところ、Ice Dockの利用で-7.3℃の冷却効果を観測(Ice Dockなし47.8℃に対し、Ice Dock有り40.5℃)。「Ice Dock」の価格は$44.9(約4000円)です。

チップセットは「Qualcomm Snapdragon 865 5G」を採用し、最大2.84GHzのCPUクロック数で動作可能。バッテリーは4500mAhで、最大55Wの急速充電に対応しています。リアカメラは3眼仕様で、メインカメラには6400万画素のソニー製センサー「IMX686」を採用しています。

  • 製品名:RedMagic 5S Sonic Silver 8GB+128GB / RedMagic 5S Pulse 12GB+256GB

  • OS:Android 10.0ベース RedMagic OS 3.5

  • プロセッサー:Qualcomm Snapdragon 865 5G

  • メインメモリ:8 GB LPDDR5 / 12 GB LPDDR5

  • ストレージ:128 GB UFS3.1 / 256 GB UFS3.1

  • ディスプレイ:AMOLED(アクティブマトリクス式有機ELパネル)

  • 画面サイズ:6.65インチFHD+

  • 解像度:1080 × 2340, 387.5ppi, 19.5:9

  • リフレッシュレート:最大144Hz

  • タッチサンプリングレート:最大240Hz

  • スピーカー:デュアルステレオスピーカー

  • リアカメラ:6400万画素(Sony IMX686)+広角800万画素(HI846)+マクロ200万画素(OV02A10)

  • フロントカメラ:800万画素

  • 対応方式:SA / NSAの両方に対応

  • 対応回線:5G / 4G / 3G / 2G

  • Wi-Fi:WiFi 6 2x2 MIMO

  • Bluetooth:Bluetooth 5.1

  • バッテリー:4500mAh

  • 急速充電:18W急速充電、最大55Wの急速充電(急速充電器は別売り)

  • ポート:USB 3.0、Type-C、デュアルnano-SIMスロット、3.5 mmオーディオジャック

  • サイズ/質量:高さ168.56✕全幅78✕奥行き9.75mm、質量218g

※日本円表記は記事執筆時点のレートです。

関連リンク:RedMagic 5S

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: games, smartphone, Nubia, RedMagic 5S, news, gear
0シェア
FacebookTwitter