ポケモンGO、ギラティナのレイドアワーがリモート対応で復活。6日18時から(弱点と対策)

初回限定1コインのリモートレイドパスも

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年05月6日, 午後 05:06 in Pokemon Go
0シェア
Pokemon GO
Engadget Japan

ポケモンGOのイベント「レイドアワー」が帰ってきました。

リモートレイドパスの追加で離れた場所からレイドに参加できるようになったことを記念して、5月6日18時から19時まで、ギラティナ・アナザーフォルムが伝説レイドボスとして登場します。

リモートレイド参加に必要なリモートレイドパスは、先月の解禁時に初回限定3枚1ポケコインで販売したのに続き、今回は初回限定1枚1ポケコインでショップに入荷しています。

ただし、同時に持てるリモートレイドパスは3枚までであることに注意。通常価格は1枚100ポケコイン、3枚250ポケコインです。

リモートレイドパスを使って遠隔参戦できるのは、マップ上に見えていて触れるジムか、「付近のようす」に一覧されるレイドのみ。数km程度の近場ならば選べるという意味のリモートです。今後はフレンドからの招待で遠隔地のレイドにも参加できるようになる予定。

リモートレイドの追加を記念してレイドアワー復活とされていますが、リモート専用のイベントではなく、従来どおりにジムの近くから、通常のレイドパスで参加することも可能です。

リモート参加者とローカル参加者は混成になり、リモート参加者のみ最大10名の制限があります。この人数制限は将来的に、つまり各国で外出制限が解除された場合には5人まで減らされる見込み。

在宅プレイ対応の調整でジムにアクセスできる範囲が従来の2倍に拡大しているため、ご近所の微妙に届かない場所にジムがあった場合、自宅から入れるようになっているかもしれません。

ポケモンGO リモートレイド解禁、専用パスは初回3枚1コイン。フレンド招待は今後

今回伝説レイドボスとして出現するのは、ギラティナのアナザーフォルム(左、六脚歩行しているほう)。浮遊しているのがオリジンフォルム(右)。

ギラティナはスタミナ(HP)が極めて高く、アナザーフォルムは特に防御力にも優れるため、CP制限のなかで耐久性が重要なGOバトルリーグでは、相性も含めてもっともよく使われる環境ポケモンのひとつです。

GOバトルリーグには頻繁な調整があり、また特定のポケモンが多く使われればさらにメタが変化してゆくものですが、ギラティナは対人戦向けに育てておくにこしたことはありません。

ギラティナの弱点・対策ポケモン

ギラティナの基本データは、

タイプ:ゴースト / ドラゴン
天候ブースト:強風 / 霧
弱点:こおり・ドラゴン・フェアリー・ゴースト・あく(×1.6)
耐性:ノーマル・かくとう(x0.4)、どく・むし・ほのお・みず・でんき・くさ(×0.625)

対策としては、弱点を突け攻撃力の高いドラゴン勢やあく、ゴーストタイプのわざを持つポケモンが活躍します。たとえば

ディアルガ (はがねタイプ複合でドラゴン弱点を克服、対ドラゴンで耐久しやすいドラゴン)

レックウザ

パルキア

ガブリアス

ボーマンダ

ダークライ

ミュウツー(シャドーボール)

バンギラス(かみつく/かみくだく)

など。耐久性は低いものの育っていれば高攻撃力のゲンガーも。

ポケモンGO:No.487 ギラティナ 入手方法と対策 (大人のポケモン再入門ガイド)


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: Pokemon Go, Pokemon, Niantic, Giratina, news, gaming
0シェア

Sponsored Contents