Returnal
Housemargue / Sony

プレイステーション5独占の完全新作ゲームとして注目の『Returnal』(リターナル)が発売延期となりました。当初は3月19日予定でしたが、新たな発売日は4月30日。約40日ほどの延期です。

リターナルは遊ぶたびにステージやアイテムや敵が変わるローグライクの要素を取り入れた三人称視点シューティング。

異形の生物が巣食う惑星アトロポスに不時着した主人公セレーネが、命を落とすたび複製され再生されるループに囚われながら、惑星の謎を解くべく探索と戦いを続けるSF仕立ての設定です。

開発元はフィンランドのスタジオ Housemargue。1993年のAmiga版に遡る『Stardust』シリーズ(PS3『Super Stardust HD 』、PS VR『Super Stardust Ultra VR』)や、PS4の初期に無料配布された『Resogun』など、派手なグラフィックとシンプルでアーケードライクなゲームプレイで知られています。

リターナルは「究極のリプレイアビリティ」を目指したシューティング × ローグライクに、少しずつ解き明かされるメインストーリーを組み合わせた点で、Housemargue として新しい取り組みとなっています。

Returnal
Housemargue / Sony
Returnal
Housemargue / Sony

ローグライク風味のFPSやTPSアクションはやたらと多く、死ぬたびクローン再生云々もよく聞く設定ですが、リターナルはPS5の性能で描かれる不気味なエイリアンの生態系や、繰り返し死を迎えるホラー要素も特徴的。

価格はダウンロード版・パッケージ版(希望価格) 税込み8690円、ゲーム内アイテムやサウンドトラックなど特典付きのデジタルデラックス版 9790円。いわゆるフルプライスです。

なお、タグラインの「繰り返される死のループから脱出せよ!」で連想するDEATHLOOP はまた別のPS5用ゲーム (時限コンソール独占)。

デスループのほうは、同じ一日を繰り返すタイムループにはまった暗殺者コルトが、ループで学んだ知識を活かして8人のターゲットを一日で仕留め謎を解くことを目指すお話です。

ゲーム機ではプレイステーション独占として発表したのち、開発元がマイクロソフトに買収されたため、マイクロソフト傘下のベセスダから発売されるPS5独占タイトルとなっています。

2020年内発売予定でしたが、こちらも延期して2021年5月21日発売になりました。内容は違うものの、PS5では繰り返し死んで謎を解け!シューターが4月と5月に連続で楽しめます。

マイクロソフトがベセスダ親会社ZeniMaxを買収。Xbox Game Passに人気タイトル多数追加へ