Engadget

進学や就職などでこの4月に新生活を迎える人を対象に、一人暮らし向けの炊飯器のお薦めモデルを紹介しましょう。新生活には冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機、掃除機など、いろいろと物入りです。そこで2万円を切るリーズナブルなモデルを中心に紹介したいと思います。

選ぶ基準は、まず「IH方式」がおすすめです。ヒーターで内釜を熱するマイコン式とは違い、磁力によって内釜全体を熱する「IH方式」の方が、より高火力でしっかりと炊き上げることができます。圧力をかけて高温で炊飯する「圧力IH方式」の場合、圧力を変えることで炊き分けを実現するモデルもあります。逆に、非圧力のIH方式でも炊き分け搭載モデルはあります。

ご飯の食感や柔らかさにこだわりのある人は、の場合、自分の好みに応じて炊き加減を調整できる炊き分け機能搭載モデルがおすすめです。

記事内の太文字や画像をタップするとECサイトに移ることができます。

3段階の「炊き分け圧力」を搭載 象印「極め炊き NP-RM05」

Engadget

「極め炊き NP-RM05」は1万9074円で販売されています。比較的低価格ながら圧力IH方式を採用しており、圧力をかける時間を調整することで「白米ふつう」、「白米しゃっきり」、「すしめし」まで3通りの食感に炊き分ける「炊き分け圧力」を搭載しています。

白米ふつうメニューに加えて、炊飯前に芯までじっくり吸水させることでお米の芯からアルファ化を促進し、ふっくらおいしく仕上げる「熟成炊き(白米・玄米)」を搭載。熟成炊きの白米はお米の甘み成分の一つである溶出還元糖量が白米ふつうメニューより約2.3倍にアップするとのことです。栄養価の高い雑穀米や玄米、金芽米を炊ける「健康米メニュー」なども搭載しています。

保温機能は底センサーが釜内の温度を最適にコントロールすることで約30時間おいしく保温できる「うるつや保温」のほか、あたたかいごはんを食べたい方におすすめの「高め保温」メニューも備えています。

象印「極め炊き NP-RM05」

炊飯と同時におかずの温めなどもできる同時調理モデル タイガー「tacook(タクック) JKT-L100」

Engadget

「tacook(タクック) JKT-L100」は1万7300円で販売されています。JKT-L100は炊飯と調理を同時に行える「tacook」シリーズの最新モデルで、炊飯なら5.5合炊き、同時調理の場合は1~2合の炊飯が可能になっています。金属釜の内側にタイガー独自の土鍋素材をコーティングした「遠赤土鍋コート釜」を採用。白米をおいしく炊ける「白米」メニューや「極うま」メニューのほか、電気代を抑える「エコ炊き」メニュー、1合を約17分で炊飯できる「少量高速」メニュー、冷凍ごはんを解凍した際に起こるごはんのベタつきやパサつきを抑えるように吸水時間を長くする「冷凍ご飯」メニューも備えています。

同時調理機能は、内鍋の上に付属の「クッキングプレート」に食材を入れて載せることで、炊飯と同時に調理ができる仕組みを採用。同時調理レシピは「煮込みハンバーグ」や「照り焼きチキン風」「鮭のチャンチャン焼き風」「ロールキャベツ」などさまざま。炊飯時の蒸気で蒸すような調理になるため、レトルト食品の温めにも利用でき、幅広く活用できます。

タイガー「tacook(タクック) JKT-L100」

9種類の炊き分けなど、幅広い好みに合わせてくれる アイリスオーヤマ「RC-PD30」

Engadget

「RC-PD30」は1万2153円で販売されています。低価格ながら白米をもっちりふんわり炊き上げられる圧力IHを採用する3合炊き炊飯器です。コシヒカリやつやひめなどお米の銘柄に合わせて最適な炊き上がりにする「銘柄炊き分け」機能に加えて、硬さ3段階(やわらか、ふつう、かため)、食感3段階(もっちり、ふつう、しゃっきり)を組み合わせて9通りの炊き分けができる「おこのみ炊き」も搭載しています。

そのほか「食物繊維米」「おむすび」「丼」「冷凍」「すし飯」「カレー」の6つのモードも搭載(米銘柄・おこのみ炊き分けには非対応)しているため、好みの炊き加減が分からない人でも最適な炊き加減を選べるようになっています。さらに、糖質を約10%カットできる「低糖質」のほか「おかゆ」「雑穀米」「おこわ」「玄米」「麦飯」の6種類のヘルシーメニューも備えています。

アイリスオーヤマ「RC-PD30」

超音波吸水で短時間炊飯が可能 三菱電機「備長炭 炭炊釜 NJ-SEB06」

Engadget

「備長炭 炭炊釜 NJ-SEB06」は2万1307円で販売されています。2層厚釜を備長炭コートした「炭炊釜」を採用。五重のヒーターによる大火力で連続沸騰を実現しています。超音波振動で吸水を促進し、研いですぐ炊いてもふっくら炊ける独自技術を搭載しています。

「ふつう・やわらか」の場合は強めの超音波で、「かため」の場合は弱めの超音波で吸水し、炊き分けを実現します。炊き分け機能は通常炊飯のほか、時間をかけて甘味を増す「芳潤炊き」、ゆっくり仕込んで沸騰時間を長くすることで、より甘くもちっとした食感にする「もちもち(白米・無洗米)モード」、そのほか玄米モードや麦飯モードなども備えています。

三菱電機「備長炭 炭炊釜 NJ-SEB06」

スタイリッシュデザインも魅力 パナソニック「SR-KT060」

Engadget

「SR-KT060」は2万500円で販売されています。スクエアなデザインを採用しており、タッチキーとガラスパネルによるフラット天面がスタイリッシュな3.5合炊きモデルです。内面に備長炭入りのコーティングを施した厚さ2.0mmの備長炭釜を採用。底面と側面の2段IHに加えて、側面・ふたヒーターで釜を包み込むように加熱して炊き上げます。「白米」「無洗米」「炊込み専用」「炊きおこわ」「おかゆ」「玄米」「雑穀米」の7メニューを搭載しています。

パナソニック「SR-KT060」