Engadget

リコーは12月15日から小型ハンディプロジェクター「RICOH Image Pointer GP01」をECストアで販売開始します。価格は5万9400円です。

「RICOH Image Pointer GP01」は手持ちで使用すること前提としており、コードレスで手元から壁や天井、床などに写真や動画を投影できます。専用アプリは必要なく、Wi-FiでiOS機器と接続後、画面ミラーリング機能で投影します。

Engadget
▲利用イメージ

ビジネスシーンでのプレゼンテーションはもちろん、どこでも気軽に投影を楽しめるエンタメ機器としての活用も期待できます。

Engadget

投影サイズは25~80型で、投影する場所との距離で調整します。明るさは45lmで、バッテリー駆動での連続投影時間は80分です。0.8W (モノラル)のスピーカーも搭載しています。

重さは220gで、温風が発生しないファンレス設計となっています。底面にJIS規格1/4-20UNCネジ穴があるため、一般的な三脚にも装着可能です。

「RICOH Image Pointer GP01」はリコーの新規事業創出の取り組みから生まれ、2020年にリコー初のクラウドファンディングとしてGREEN FUNDINGにてプロジェクトを実施して3000万円を超える支援を集めました。

スマホのデータを手元で投影、リコーの「RICOH Image Pointer」は色々遊べそうなプロジェクター

関連リンク:RICOH Image Pointer GP01

Engadget