Engadget

リコーとリコーイメージングは3月25日、360°カメラ「RICOH THETA Z1 51GB」を発表しました。4月下旬に発売予定です。価格はオープンですが、Amazonでの販売価格は12万758円となっています。

RICOH THETA Z1 51GB(Amazon)

Engadget

2019年5月発売の1.0型裏面照射型CMOSイメージセンサーを採用した最上位機種「RICOH THETA Z1」の内蔵ストレージを拡張したモデルで、容量以外の基本性能などは同じ仕様となっています。51GBになったことで、RAW+で約900枚、JPEGで約6350枚の撮影データを本体ストレージに保存できます。

カメラ性能についても特徴的部分を簡単にご紹介します。有効画素数約2000万画素のユニットを2基搭載し、静止画の出力画素で約2300万画素に相当する高精細な360度の静止画を撮影できます。レンズユニットにはリコー独自の3回屈曲構造技術を採用し、イメージセンサーを大型化しつつ厚さ24mmの薄型ボディを実現しました。

ISO感度は80〜6400に対応します。また、多段階の絞り機構を搭載し、F値をF2.1、F3.5、F5.6の3段階で選択できます。

保存形式は従来のJPEGに加えて、RAW+JPEG保存が可能になりました。Adobeの画像処理ソフト「Lightroom Classic CC」用プラグインとして、スティッチングができるアプリが無償で提供されます。これによりRAWファイルを現像して、プラグインでつなぎ目のない全天球画像を生成できます。

Engadget

RICOH THETA Z1 51GB(Amazon)

関連リンク

「RICOH THETA Z1」実践レビュー

元祖360度カメラのフラッグシップ「RICOH THETA Z1」誕生