リドリー・スコット監督、EpicのパロディCMを「映像は素晴らしいがメッセージが平凡」とコメント

1ショットずつコピーしてもらえて光栄とのこと

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年09月3日, 午後 01:00 in applerumor
0シェア
FacebookTwitter
FREEFORTNITE
Epic Games

Epic Gamesが人気ゲーム「フォートナイト(Fortnite)」につきアプリ内購入ガイドライン違反のアップデートをしたことを受けて、アップルはApp Storeから削除。それを予期していたかのようにEpicはすぐさま「Nineteen Eighty-Fortnite」なる動画を公開しました。

この動画の元ネタであるアップルのテレビCM「1984」を手がけたリドリー・スコット監督が「メッセージが余りにも凡庸だ」とのコメントを発表しています。

元々の「1984」はアップルが初代Macintoshを発表する直前に、当時のコンピューター市場で支配的な立場にあったIBMをジョージ・オーウェルの小説「1984」の独裁者ビッグブラザーに見立て、自らを独裁からの解放者、自由の担い手と印象づけようとするCMでした。共同創業者スティーブ・ジョブズ氏が「素晴らしい」と激賞したとの証言も残されています

EpicのCMはこの構図を裏返し、アップルを独裁者、フォートナイトを自由をめざす解放者として描く内容。それとともに特設ページ「#FREEFORTNITE」を立ち上げ、SNSでのApp Storeに対する反対運動への参加を呼びかけています。

さて「エイリアン」や「ブレードランナー」で知られる巨匠リドリー・スコット監督は、米IGNのインタビューでEpicのパロディCMをどう思うかを語っています。

スコット監督はEpicのリメイク版を見たことがあるかと尋ねられ「確かに見ました」と回答。そればかりか自分のCMを1ショットごとにコピーしてくれたことを光栄だと感じたため、手紙を書いたことを明かしています。

その一方で「メッセージがあまりにも酷くて残念でした」と不満を表明。「彼らは民主主義やもっと力強いテーマを語ることができたはずなのに、メッセージがあまりにも凡庸なのは残念だ……」とも付け加えています。アニメーションやアイディアは素晴らしく、メッセージは「えっ」となったとのことです。

「#FREEFORTNITE」での主張は「Appleは皆さんの決済の30%を徴収するために、決済価格を高いまま保持しようとしています。そしてフォートナイトをブロックし、Epic ディレクトペイメントによる割引の恩恵を皆さんが受けられないようにしています!」ということでお金の話しかしていません。Epicが本当に求めていたサードパーティ製アプリストア開設の自由も、アップルが暴露するまでは明かされませんでした

とはいえ、Epicの動きに触発されて、ロシア議会でもApp Storeの手数料率を引き下げサードパーティ製ストアの許可を強制する法案が提出されました。メッセージが平凡だけに多くの人々に理解もしやすく、アップル包囲網は今後も広がっていくのかもしれません。

Source:IGN

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: applerumor, Epic Games, Fortnite, ridley scott, 1984, appstore, news, gear
0シェア
FacebookTwitter