Engadget

rinnaは『週刊少年ジャンプ』で連載中の少年漫画『僕とロボコ』とコラボ企画をLINE上で展開します。

まずrinnaとは、MicrosoftのAIチャットボットの研究を行っていたチームがスピンアウトした企業です。LINE上のAIチャットボット「りんな」等を運営しています。

今回のコラボでは、『僕とロボコ』の連載1周年記念企画として、漫画に登場するキャラクター“ロボコ”をAIキャラクター化しました。

Engadget

AIキャラクターの開発には、Rinna Character Platformを使用しました。著者・宮崎氏と週刊少年ジャンプ編集部の協力のもと、“ロボコ”の漫画内での性格や口調、興味といったキャラクター性をAIチャットボットに実装しています。開発したAIキャラクターの“ロボコ”は、LINE上でユーザーと自由な話題で会話をすることができます。

Engadget

▲ロボコLINE公式アカウントのQRコード

今後はrinnaと少年ジャンプ編集部は、AIキャラクターの“ロボコ”を起用した様々な企画で協力予定です。AIキャラクターの“ロボコ”は、LINEだけでなく、rinnaが先行公開中の誰でも自分のAIキャラクターを育成できるスマートフォンアプリ「キャラる」にも登場する予定です。

Source:PRTIMES