Rocket Lab
Rocket Lab

NASAは太陽風にが火星の大気をどのように吹き飛ばし、その星の気候を変えてしまったのかを調べるESCAPADE(Escape and Plasma Acceleration and Dynamics Explorers)ミッション用の宇宙船開発のため、Rocket Labと契約しました。

このミッションではRocket LabのPhoton衛星バスにCurie推進システムと恒星姿勢センサー(STT)、姿勢制御用のリアクションホイール、深宇宙ナビゲーションシステムを組み合わせた2つの宇宙機(ニックネームは"Blue"および"Gold")を火星軌道に送り、1年の活動期間中に様々な科学的調査を行います。

Rocket Labは、6月に行われる設計審査と7月の確認審査で承認されれば、2024年にNASAが提供するロケットでBlueとGoldを打ち上げる予定です。

ESCAPADEはNASAの惑星間科学研究のコストを下げ、もっと利用しやすくするSIMPLEx(Small Innovative Missions for Planetary Exploration)プログラムの3つのミッションのひとつとして実行されます。NASAはこれまで、SpaceXやBlue Originといった知名度抜群でより資金調達力に優れた企業を官民連携に選んできましたが、ESCAPADEミッションはその門戸を拡げるきっかけになるかもしれません。そのためにはRocket Labは実績を積み重ね、先行するビッグネームに負けない信頼を構築していかなければなりません。

Source:Rocket Lab