ROG Phone 5

ASUSからゲーミングスマートフォンの最新モデル「ROG Phone 5」と「ROG Phone 5 Ultimate」の2モデルが発表された。価格は「ROG Phone 5」のメモリー12GB版(6月4日発売)が9万9800円(税込以下同)、16GB版(5月28日発売)が11万4800円。「ROG Phone 5 Ultimate」は14万9800円で夏期発売予定となっている。

ROG Phone 5
▲5G対応でゲーム機能がさらに進化したROG Phone 5

今回紹介するのは「ROG Phone 5」の16GBモデル。プロセッサーはSnapdragon 888 5Gを採用し、ストレージは256GB (UFS 3.1)となっている。ちなみに「ROG Phone 5 Ultimate」はメモリーが18GBで、ストレージ容量が512GBというのがスペックの違い、そのほかプロセッサーやディスプレーは同じで、Aero Active Cooler 5とファンギフトボックスが付属品となっている。 

ディスプレーは6.78インチ(2448×1080ドット)の有機ELパネルを搭載。リフレッシュレートは144Hzで応答速度は1ms、タッチサンプリングレートは300Hz、タッチ入力遅延は24.3msとスマートフォンとしてはトップクラスの性能。精細な3Dゲームをプレイするのに最適だ。

熱効率にもこだわっており、発熱で高温になるプロセッサーを本体中央部分に配置。そのためバッテリーは2分割になっており、3000mAhのバッテリーが2基搭載されている。今回もアクセサリーとして専用クーラーの「Aero Active Cooler 5」(5980円)が発売されるが、ファンの送風がCPU部分に当るため、より冷却効果が期待できる。

ROG Phone 5
▲プロセッサーを中央に配置するレイアウトを採用

ROG Phone 5
▲Aero Active Cooler 5を装着した状態

ゲーム用の機能も強化されており、今モデルでは「HARDCORE TUNING」を使ってCPUやGPU、メモリーのクロック周波数が調整可能。ゲームに合わせてタッチ入力の感度設定や、本体右側面を使った超音波ボタン「AirTrigger 5」へのマクロ設定なども行える。加えて「AirTrigger 5」は単にタップだけでなく、水平垂直方向へのスライドや、デュアルパーティション、スワイプといった指の動きも感知できるため、より細かな操作にも対応している。

ROG Phone 5
▲プロセッサーのクロック周波数を調整したりと、ゲーミングPCなみのカスタマイズが可能に

ROG Phone 5
▲本体右側面は両サイドがAirTriggerになっている

ROG Phone 5
▲AirTriggerもスワイプなどの指の動きを検知できるようになった

スピーカーはディスプレー上部と下部に配置されたステレオ仕様。DXOMARKのオーディオテストでは79点とトップクラスの評価を得ている。実際に聞いてみると左右のバランスが良くステレオ感があり、ゲームや映画などに没頭できるクオリティ。さらに本体底面には3.5mmのイヤホンジャックも用意されている。

ROG Phone 5
▲本体底面にはType-Cと3.5mmのオーディオジャックを配置

Type-C端子は本体底面のほか、本体左側面にも用意されており、ゲームプレイなど横位置で使用時に邪魔にならないレイアウトで充電ケーブルが挿せる。さらに、その隣にはAero Active Cooler 5などを装着する際の端子を配置。今回のAero Active Cooler 5には冷却機能やイヤホンジャックなど従来の機能に加えて、ゲームに使用できる物理ボタンや、自立用のスタンドも装備されているので、ヘビーゲーマーは必携といえるオプションだ。

ROG Phone 5
▲本体左側面にはSIMスロットのほか、もうひとつのType-Cとアクセサリーを装着する端子がある

ROG Phone 5
▲左サイドの端子はゴムキャップで保護できる

本体バッテリーは6000mAhと大容量。そのぶん高速での充電にも対応しており最大65W (Quick Charge 5.0/USB Power Delivery 3.0)。充電機も最大65WとノートPCに付属するような高出力タイプが付属する。付属の充電機を使えば短時間で充電できるが、出力の弱い充電機を使うと時間がかかるので注意が必要。ちなみにテスト機で完全放電した場合、付属の充電機以外では数分接続してもバッテリー残量が0%から増えず充電されなかった。

ROG Phone 5
▲20%台のバッテリー残量で、付属の充電機を使った場合実測では17.5V/2.95Aで充電できていた

ROG Phone 5
▲電源を切った状態では、ディスプレー上でどんな充電機を使って充電しているか確認できる

ROG Phone 5
▲付属の充電機とケーブル

5Gの対応バンドはn2/n5/n7/n12/n20/n25/n38/n40/n66/n71/n77/78/n79。ミリ波には対応していないものの、sub6はn77と78、n79の3つに対応しているので、国内のどのキャリアでも利用できるのはうれしいポイント。

SIMスロットは本体左側面の下部にあり、ピンで押し出すトレー式。デュアルSIM仕様で、トレーの裏表にセットして挿入する。microSDには非対応で、保存は本体ストレージのみとなっている。microSDカードに非対応だと、データの保存量が心配になるが、最近のゲームデータは本体のストレージ保存が前提のものが多く、ストレージ容量も256GBあるので十分。ただしゲーム実況のため画面や音声録画などを行う場合は、ある程度保存データの管理は必要となりそうだ。

ROG Phone 5
▲SIMスロットは両面タイプなのでコンパクト。SIMピンは長めで他機種の短いピンでは押し出せないことも

カメラは背面が3眼仕様で、広角(6400万画素)、超広角(1300万画素)、マクロ(500万画素)の組み合わせ。インカメラも2400万画素と高精細なのはポイント。以下はROG Phone 5で撮影した作例。基本的には手持ちでHDRはオート、AIシーン検出はオンで撮影している。

ROG Phone 5
▲カメラは3眼仕様
ROG Phone 5
▲広角カメラで撮影
ROG Phone 5
▲超広角カメラで撮影
ROG Phone 5
▲マクロ撮影

ROG Phone 5
▲インカメラで撮影

ROG Phone 5
▲夜景モード、三脚固定で撮影

本体サイズは約77(W)×9.9(D)×173(H)mmで重さは約g239g。カラーバリエーションは「ROG Phone 5」が今回紹介しているストームホワイトに加えて、ファントムブラックの2色展開。「ROG Phone 5 Ultimate」はストームホワイトのみとなっている。

ROG Phone 5
▲ROG Phone 5はこのストームホワイトのほかファントムブラックをラインアップ

ROG Phone 5
▲カメラ部分は実測約11.4mmなので、約1.5mmの突出している

ROG Phone 5

ROG Phone 5は、ゲーミングスマホとしてさらに進化しており、スマホゲーマーには「これじゃないとダメ」とはまるユーザーも多いはず。とはいえゲーミングPC同様に、ハイスペックゆえにゲームに限らずなんでもラクラクとこなせるパフォーマンスも魅力なので、とにかくサクサクとストレスなく動くスマホが欲しいというユーザーにもオススメのモデルだ。

ROG Phone 5
▲別売のアクセサリー「ROG Kunai 3 Gamepad」(1万2080円)

ROG Phone 5
▲ROG Kunai 3 Gamepadを使えば、スマホを持たずにゲームできる